基礎体温

鍼灸施術がもたらす基礎体温への好影響

鍼灸施術は、薬による副作用の心配がありません。

身体への負担は、西洋医学の不妊施術と比べてリラックスできるので、女性に優しい施術法」として知られています。


不妊施術を繰り返していると、精神的な苦痛が基礎体温に悪影響を与えることがあり、子宮や卵巣に負担をかけてしまう場合があります。

子宮や卵巣の疲労を回復させ、心身ともに安定させることを目的とした鍼灸施術が、近年、注目されるようになったのです。

鍼灸施術の改善効果

鍼灸施術の改善効果は、基礎体温表の乱れが好転することからも
はっきりと確認することができます。

鍼灸施術は、免疫力を高めることで病気になりにくい身体をつくるとともに、妊娠しやすい身体の状態に近づけていくことが可能です。

不妊体質は、長年の生活習慣により培われた結果、
生じたものです。

不妊体質は、長年の生活習慣により培われた結果、生じたものです。

長年、培われて出来た身体の体質を元通りにするには、 一定期間の施術がどうしても必要になります。

基礎体温に悪影響を及ぼす疾患の改善事例

(1)黄体機能不全と鍼灸改善効果

黄体機能不全は、基礎体温を乱し、不妊症の代表的な原因の一つとして知られています。


黄体機能不全は、生殖機能が乱れ、ホルモン分泌のバランスが崩れた状態にあります。

西洋医学における黄体機能不全の施術は、黄体ホルモンの補充を行う対症療法です。そのため、緊急的な施術においては、効果が期待出来ますが、体質が改善されることはないので、再発する可能性があります。

鍼灸施術は黄体機能不全の原因そのものを改善していくため、再発の可能性が下がります。

「黄体機能不全がどの程度進行しているか」、あるいは「悪い生活習慣の期間が長い」ほど、施術期間が長くなりますが、鍼灸施術を受けるたびに体質が改善され、それが基礎体温表の安定化に繋がっていきます。

(2)子宮内膜症と鍼灸改善効果

鍼灸は、子宮内膜の厚みを改善する効果もあります。

子宮内膜の厚みが無いと着床障害しにくくなり、不妊の大きな原因の一つとされています。

東洋医学における子宮内膜の異常の原因は、冷えやお血にあるとされています。下腹部の血行不良、冷え性による血行不良などが原因となります。


鍼灸施術では、腹部や腰部を温め、血の巡りを改善していきます。



定期的な施術を行うことで、内膜の血流改善につながります。(※個人差があります)

鍼灸施術で妊娠しやすい身体を整えつつ、人工授精、体外受精といった不妊施術を並行して行えます。

いろいろな不妊施術を行っても妊娠できなかった方は、鍼灸施術を受診され、元々持っている本当の身体のリズムを取り戻してはいかがですか。


症状別Q&A



  • 【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル
  • LINEで予約