基礎体温

基礎体温表の理想的な波形パターン

基礎体温表の見方でも少し解説しましたが、
ここでは、より具体的に理想的な基礎体温の波形パターンを説明致します。

通常、正常な基礎体温表を描いた場合、
低温期→高温期→低温期のサイクルで変化します。

理想的な基礎体温の周期をグラフで表すと、次のとおりになります。

一般的な基礎体温表


もう少し詳しく説明すると、身体の状態が良好であれば、
月経の始まりから排卵日までの期間は、約14日あります。

この14日間、体温は低い状態を維持しており、この期間を「低温期」と呼んでいます。

そして低温期の最後に「排卵日」を迎えます。
排卵日を境目に体温が一気に上がり、「高温期」へと移行します。

高温期の間、体温は高い状態に維持され、約14日間、高温期が続くことになります。

このように、正常な基礎体温表を描いている場合は、
高温期と低温期の二相がはっきりと存在しています。

一般的には、高温期と低温期の期間は、それぞれ約14日間、
1サイクル28日が理想の基礎体温パターンと言われています。

実際に基礎体温を測ってみると、必ずしも、
きれいで完璧なグラフを描くというわけではありません。

女性の身体は、とてもデリケートです。
ちょっとしたストレスや、前日の夜に少し変わった食生活をしただけでも、
基礎体温に現れてしまいます。

先ほどの図のように、完璧できれいな基礎体温表にならなくても
ある程度、理想型に近ければ大きな問題はありません。

このように、正常な基礎体温表を描いていることが、
最も身体のコンディションがよい状態であり、妊娠に適した状態であると言えます。

正常な基礎体温の特徴については、簡略ながら次にまとめてみました。

妊娠しやすい基礎体温の状態
  • 高温期、または低温期の期間は14日前後で二相にはっきりとわかれている
  • 高温期の体温は、36.8度前後を推移
  • 高温期は、36.5度を下回らず、0.2~0.3度の範囲で変動
  • 低温期と高温期の温度差は0.4度前後
  • 低温期と高温期が、二相にはっきりと分かれている
  • 低温期から高温期への移行は、二日以内で終了する

症状別Q&A