基礎体温

基礎体温表をつける理由

基礎体温の波形にはいろいろなパターンがあります。
ところで、なぜ基礎体温を測る必要があるのかご存知ですか。

基礎体温のパターンを知ることで、今の健康状態や
妊娠力をチェックでき、不妊の原因を様々な方面から把握することが出来るからです。

基礎体温を付けると何がわかるの?

  • 排卵の有無
  • 月経の時期
  • 更年期症状の早期発見
  • 不妊体質
  • 婦人病の発見
  • ダイエットの適切な時期
  • 肌荒れの時期
  • 妊娠しやすい時期、妊娠しにくい時期
  • 流産の可能性

上記のように基礎体温を付けると、今、身体の異常が全く現れていなくても、
将来現れる可能性のある身体の不調を、事前に予測することが出来るようになります。

今回のテーマでもあるのですが、妊娠に適した
体質であるかどうかを、基礎体温表からある程度把握することが出来ます。

基礎体温の重要性については、例えば不妊施術を
行う時、お医者さんが最も参考にするデータが基礎体温表になります。

ですから、基礎体温表を付けることは、不妊体質を改善する第一歩であり、
そして今のあなたの健康状態をより正確に把握するために、とても大切な身体の指標でもあるのです。

基礎体温の波形パターンから、あなたの妊娠体質をチェックしよう

さて、ここで、基礎体温のパターンについてご説明します。

基礎体温の波形パターンから、あなたの身体が妊娠しやすい
体質なのか、あなたの身体のどこが悪いかをある程度把握することが出来ます。

基礎体温の様々な波形パターン

  1. 理想的な波形
  2. 高温期の体温が低い
  3. 高温期が短い
  4. 高温期が長すぎる
  5. 高温期がない(2層に分かれていない)
  6. 体温が全体的に低い
  7. 高温期への移行中に、階段状に体温が上がる
  8. 高温期の途中に体温が低いときがある
  9. 日々、体温の変動が激しく(高温期と低温期が交互に変わる)バラバラである
  10. 高温期の前後に体温が低くなる
  11. 2相に分かれているが、高温期への移行に何日もかかる

基礎体温の変化は、あなたの身体の状態だけでなく、
心の状態までを反映します。
体調が悪かったり、身体を壊したりすると、基礎体温にも影響しやすくなります。

現在、身体の異常がなくても、ストレスによるイライラなどにより、
心が不安定な場合にも、基礎体温は敏感に反応してしまいます。

このように、基礎体温波形は、
あなたの身体や心の状態を知ることのシグナルのようなものになります。

症状別Q&A