基礎体温

基礎体温表を付けよう

基礎体温とは、身体が一番安静にしている状態の体温を言います。

朝目覚めたら、身体を起こさず、 すぐに測ったときの体温のことです。
これを日々測って、グラフにしたものが基礎体温表になります。

毎日測ることにより、体調の変化を知ることが出来ます。

基礎体温を測るときの注意点

基礎体温を測る方法と注意点

  • 目覚めたら、起きあがらずにすぐに測る
  • 睡眠時間は、4時間以上とる
  • 起きる時間は、一定にする
  • 婦人体温計を使って口の中で測る
  • 毎日測る
  • 備考をつける

基礎体温は、毎日、規則正しくつけることが望ましいです。

「前日は、仕事で2,3時間しか寝てない」
「前日は、体調が悪く、薬を飲んだ」
「いつもよりもイライラしていた」
「ストレスが溜まっていた」

などのような、いつもと違うことがあった場合、備考欄に記帳しておくと、基礎体温表に異常があったときに便利です。

※普通の体温計ではなく、婦人体温計(基礎体温計)を使用してください。

鍼灸施術で体質改善

西洋医学では、ホルモン剤や薬の投与による一律的な施術が中心ですが、
東洋医学では、身体の不具合を発見し、個人の体質に合わせた施術を行うことに大きな特徴があります。

ココロと身体のパロメーター、鍼灸施術で基礎体温を整えましょう

鍼灸施術では、女性の体質に合わせた施術を行います。

鍼灸施術で体質を改善していくと、基礎体温に現れます。
基礎体温は、身体の状態だけでなく、ココロの状態にも敏感に反応します。

健全なココロと健康な身体、調和されてこそ良い結果が出やすくなります。



症状別Q&A




  • 【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル
  • LINEで予約