顕微授精とその方法

顕微授精は、高度生殖医療の一つです。

顕微授精はICSI(イクシー法)とも呼ばれ、体外受精-胚移植
による不妊施術において妊娠出来ない場合の、最終段階の不妊施術
として行われることが多いです。

banner

極度の男性不妊の状態の場合にも、体外受精を行わず、
顕微授精を行うケースがあります。

顕微授精は、体外で受精させることから、体外受精の
一種と言われることがありますが、医療機関においては、体外
受精とは独立した施術法として分類しているのが一般的です。

顕微授精は、微細な筒状の針に精子一つを注入し、
直接卵子に刺して、妊娠を促す方法を言います。

精子を卵子に注入するときに顕微鏡が使われることから、「顕微授精」
という呼び名がつけられました。

この顕微授精は、体外受精の研究の流れから進歩した『体外受精
の進化系』ともいえる最新の不妊施術と言えます。

男性不妊と顕微授精

顕微授精は、精子一つでも妊娠ができるということから、精子が
少ない高齢の男性、あるいは重度の男性不妊の状態でも、妊娠出来る
可能性が高まったということで、大変注目されるようになりました。

少し、専門的な説明になりましたが、体外受精(体外受精-会移植)
との違いをもう少しわかりやすく言えば、体外受精は、採取した卵子に
精子を振り掛け、自然に受精させる方法を言います。

これに対し、顕微授精は、筒状の針に精子一つを入れて、卵子一つに
直接精子一つを刺して、受精を促す方法になります。

これを踏まえると、体外受精と顕微授精の身体にかかる負担は、
基本的に同じようなものです。

直接、一つの精子を一つの卵子に注入するため、顕微授精は体外受精
よりも妊娠する確率が高いと認識されています。

ただ、顕微授精にかかる施術費は、体外受精よりも高くなります。

banner

このように、顕微授精には施術費がかなり高額になるため、
助成金を活用することを検討されてもよいかと思います。

よく心配される先天性異常の子供が生まれる確率は、
自然妊娠、体外受精、顕微授精とも1-2%の間で、いずれも
大きな違いがないと言われています。