人工授精・体外受精・顕微授精について

人工授精、体外受精、顕微授精・・・。
いろいろな不妊施術法があってわかりづらい。

banner

そんな声を時々耳にします。

これらの施術法は、同じものではなく、別々の不妊施術法として扱われており、施術に使われる設備や費用も異なります。

人工授精は、自然妊娠の部類に入ります。

これに対し、体外受精や顕微授精は高度生殖医療と呼ばれる施術技術に分類されます。

人工授精・体外受精・顕微授精の違い

【人工授精】
人工授精は、女性の排卵日を予測し、男性の精子を採取し、
タイミングを合わせて子宮内に精子を移す方法を言います。

精子の採取には、質が良く、運動率の高い元気な精子を選び、
妊娠の確率を高めていきます。

費用は2万円前後で収まることが一般的です。

【体外受精】
体外受精は、卵子と精子を体外で受精させ、分裂した
受精卵(胚)を子宮内に移す不妊施術法を言います。

体外受精は、人工授精を行っても妊娠が出来ない時に、
次のステップで行う施術方法になります。

何らかの原因により、女性の体内で受精が難しいと
判断された場合は、人工授精を行わないで体外受精を
行うことがあります。

banner

【顕微授精】
顕微授精は、極細の筒状の針を使い、その中に精子一個を注入し、直接卵子に注入して、受精を促す方法を言います。

顕微授精は、体外で受精させる方法という点では、「体外受精」と変わらず、広義の意味で体外受精の一つと言えますが、一般的には体外受精とは別の施術法として扱われています。

顕微授精は、体外受精で妊娠出来なかった場合や、極度の
男性不妊の場合に行われることが多いです。

顕微授精は、精子を直接卵子に注入するため、体外受精よりも
妊娠する確率が高いと言われますが、体外受精よりも施術費は
高くなります。

人工授精 体外受精 顕微授精の違い

施術法 内容 費用
人工授精 男性の精子を採取し、子宮内に精子を移す方法 ・2万円前後
体外受精 卵子と精子を体外で受精させ、分裂した受精卵(胚)を子宮内に移す ・平均30万円前後
・10万円台程度の国立病院から、100万円を超えるクリニックもありあり
顕微授精 極細の筒状の針を使い、その中に精子一個を注入し、直接卵子に注入して、受精を促す方法 ・平均40~50万円前後
・体外受精より高め