体外受精と鍼灸効果

体外受精で使われる排卵誘発剤は、人工的に卵子を増やす
ことを目的とします。

banner

しかし、卵子を増やすことはできても卵子の質は低下してしまい、体力的、精神的な疲れから、卵巣の機能が低下し、着床がしにくくなるという恐れも指摘されています。

体外受精は、近年に開発された西洋医学の分野における施術法です。

これに対し、鍼灸施術は、中国において数千年前より研究が続けられている東洋医学の分野です。

西洋医学が病気になってから施術を行うことに対し、
東洋医学は、病気になる前の段階を重視し、病気の元と
なる原因そのものを取り除くという概念があります。

西洋医学では、病気が現れてから身体を治していくことに
施術の趣旨があり、東洋医学は、病気にならない身体つくり、
つまり、予防医学としての概念があります。

そこで、身体の免疫力を上げ、自然治癒力を高め、生殖機能を
向上することのできる鍼灸施術が注目されるようになったのです。

不妊施術への鍼灸の取り組みについて

現実的に、どのような不妊施術を行っても妊娠出来なかったのに、
鍼灸施術で妊娠出来たという報告は多くにあります。

もちろん、女性の体質は個人差があるため、すべての方が鍼灸で
妊娠出来るというわけではなく、何度、鍼灸施術を行っても
妊娠出来ない方はいますが、体質は改善されていってます。
3ヶ月単位で施術経過を見ていくと本人がわかると思います。

しかし、体外受精を何度行っても妊娠出来なかった女性が
鍼灸施術を取り入れたことによって妊娠できた報告は、数多く
あるのも事実です。

日本では、西洋医学が主流で、東洋医学は日陰のような存在です。
不妊に鍼灸施術がよいということはまだまだ知られていません。

そのため、多くの女性が、不妊施術を行う際には、最初に
西洋医学におけるタイミング法、人工授精、体外受精を選択します。

これらの施術を受けてどうしても妊娠出来ず、あれこれ探していた
ところ鍼灸を知り、鍼灸施術を受けるパターンが多い傾向にあります。

そして、不妊施術に鍼灸施術を取り入れるパターンは、次のように様々です。

【鍼灸施術採用のパターン】
■他の不妊施術はやめて、鍼灸施術だけを行う
■タイミング法、人工授精を取り入れつつ、鍼灸施術を行う
■高度生殖医療(体外受精、顕微授精)を受けつつ、鍼灸施術を行う

鍼灸施術は、美容鍼灸という言葉が生まれたとおり、
身体を若返らせる効果がありますが、これは、身体の
機能を高めることで老化を防ぐことでもあります。

鍼灸のみで不妊施術を行う女性もありますが、上記のように
西洋医学と並行して鍼灸を受けられる女性も増えています。

最後に、体外受精における鍼灸効果について
まとめてみました。

banner

【体外受精における鍼灸効果】

■質の高い卵子を採取
鍼灸は、生殖器官の機能を高めると同時に、免疫力を高め、質の高い卵子を採取できる効果があります。

■着床の確率を改善
鍼灸施術は、血行を改善する効果があります。子宮内の血行が改善され、免疫が向上し、内膜の環境を改善します。

■副作用の防止
排卵誘発剤の多用により、弱った
生殖器官の機能を正常に戻します。