高齢世代による体外受精の成功率

体外受精で妊娠された女性の平均年齢は、自然妊娠と比べ
約5歳高いことが言われています。

banner

この数値からもわかるとおり、体外受精を受けられる女性は、比較的高齢の世代が多い傾向にあります。

では、体外受精を受けられる年齢の限界というものはあるのでしょうか?

そして、高齢世代の妊娠成功率はどのくらいあるのでしょうか?

一昔前までは、40代と言えば、妊娠できない年齢と認識されて
いましたが、近年、結婚適齢期が高齢化したこともあり、
40歳を過ぎても妊娠を希望する女性が大変増えました。

妊娠に最も影響する大きな要因の一つはやはり年齢です。

それは、自然妊娠にせよ、体外受精にせよ基本的に変わりは
ありません。

高齢になると、生殖器官の機能が低下し、卵子、精子の
質が低下します。

特に、女性の場合は35歳を過ぎると卵子の質が急激に
低下し、40代になると閉経を迎えるか、閉経間際になり、
妊娠が大変困難な状況になります。

体外受精においても、採卵の際には、元気の良く質の高い
卵子に絞られます。

採卵の際には、卵子を選ぶ基準値がありますが、基準に達して
いないと採卵をやめ、次の培養に進めなくなります。

先ず、質の高い卵子を採取できるかという問題があります。

仮に質の高い卵子を採取出来たとしても、実際に
着床できるかという最大の難問も抱えています。

この着床が出来るかどうかは、やはり年齢の要因が
大きく作用しているといっても過言ではないのです。

40代の妊娠の可能性

高齢になると着床がどうしても困難になります。

着床ができるかどうかの年齢的な目安は、45歳との説がありますが、体質には個人差があり、40代後半でも、体外受精で妊娠出来たという成功事例が徐々に増えつつあります。

高齢世代の妊娠成功率は、精確には把握しておりませんが、40代前半の体外受精成功率は全国平均で5~6%、40代後半になると1~2%と、かなり厳しい数値ではないかと思います。

40代後半でも、確率はゼロではなく、絶対妊娠出来ない
というわけではありません。

又、40代前半で妊娠成功率が20%以上を超える医療機関も
実際に存在しています。