体外受精にかかる費用

保険が使える不妊治療は、タイミング法や人工授精です。
これらの治療は、1回あたり、数千円~2万円程度で
治療を行うことが出来ます。

banner

これに対し、保険適応外となるのが、高度生殖医療と呼ばれるもので、体外受精や顕微授精がこれに該当します。

体外受精にかかる費用は、医療機関によってばらつきがあります。

国立病院などでは、10万円台で体外受精を行えるところもあれば、100万円を超える医療機関も存在します。

体外受精の平均的な治療費は30~40万円と言われますが、実際には、
体外受精が1サイクルの治療で終わることは少なく、治療が長引く
ことが多いため、実際に後から請求される金額は、平均60万円~70万円
が妥当なところではないかと思います。

見積と実際の請求金額が異なる理由

医療機関から最初にお見積りを頂いた金額と、治療後に頂いた
請求金額に大きな開きがあり、トラブルになることがあります。

実は、見積りには、1回の体外受精のみの見積りしかなく、
薬や麻酔、採卵を複数回行った時の追加の費用などが
見積もりに入っていないことがあります。

見積もりを出してもられるならましですが、見積もりすら
もらえず、いきなり請求書を頂いてびっくりすることも
あるようです。

お医者さん側では、治療のステップや薬の量などには
個人差が あり、れを最初から見積りに入れることは
できないので、 どうしてもこのようなことが起きてしまうのです。

体外受精の治療費の開きが大きい理由

体外受精にかかる費用は、基本的に自由診療と呼ばれ、
医療機関において、自由に金額を設定できるルールに
なっています。

banner

つまり、まったく同じ治療内容であっても、10万円で請求することもできれば、100万円を請求することも合法的に行えるのです。

このようなトラブルを回避するうえでも、まずは、先生から治療を行う前に、先生のサイン入りでしっかり見積もりを頂くこと。

追加の料金が発生する場合は、最大どれだけ請求
されるのかを聞いておくことが大事になります。

一方、顕微授精は、体外受精より高い治療費がかかると
言われています。

このように体外受精には大きな費用がかかってしまいますので、
予算的に厳しい人は、国や市町村で出されている助成金を
活用することを検討されるのも良いかと思います。