採卵とは何か

体外受精を行うことが決まったときに、最初に行う
ことが『採卵』になります。

banner

採卵とは、体外受精における最初の工程で、卵子を採取することになります。

女性には、通常、生理周期があり、28日を1周期(理想型)としております。そして、1周期に一個の卵子を作ります。

そのため、採卵は、体外受精が決まったのち、すぐに行うと思われがちですが、そうではありません。

2周期、3周期かけてタイミングを確認しながら、卵子の
採取をすることになります。

この卵子を採取するに際し、自然の周期に合わせて卵子を採取する
『自然周期』と、排卵誘発剤などを使って、卵子を採取する『卵巣刺激』
の二つの採卵の方法があります。

卵巣刺激による採卵

通常、体外受精においては、卵巣刺激で行うことが多いです。

自然周期では、卵子は一つしか採取できないですが、
卵巣刺激であれば人工的に複数の卵子を採取する
ことが出来ます。

体外受精における妊娠の成功確率を高める要因の
一つとなるのが卵子の質になります。

そのため、質の高い卵子を採取する必要があるため、
卵巣刺激により、できるだけ多くの卵子を人工的に作ります。

その中から質の高い卵子を採取することにより、
妊娠の確率を高めるようにします。

ロング法とショート法

卵巣刺激の主な方法は、ショート法とロング法、アンタゴ
ニスト法の3つがあります。

体外受精が初めてのケースは、一般的にロング法が採用されます。

【ロング法】
ロング法では、採卵を行う前々周期から準備を行います。
まず、体外受精に対する正しい知識を得るための説明期間が
必要になります。

毎日、薬や注射などを行うため、仕事がフルに出来なく
なり、会社や家事などにも制限が出てきます。

そして、胚移植から妊娠が確定するまでは、負担の重い活動や
日常生活が出来なくなるため、仕事などを行っている場合は、
スケジュールを調整する必要があります。

banner

体外受精を行う前周期においては、避妊することになります。

【ショート法】
ロング法では、体外受精を行う前周期より点鼻薬を使いますが、
ショート法では、「体外受精を行う周期の生理が生じるとき」
より点鼻薬を使用します。

点鼻薬を使用する開始時期が違うことを除けば、ロング法と
同じです。
高齢の女性や、卵巣の働きが弱い女性に適用されることが多いです。

【アンタゴニスト法】
ロング法、ショート法では点鼻薬を使いますが、アンタゴニスト法では、
GnRHアンタゴニストと呼ばれる注射を使用します。
日本に導入されて歴史が浅く、新しい採卵法
として知られています。

卵巣過剰症候群(OHSS)を引き起こしやすい体質の女性に
使われるケースが多いです。