体外受精における病院選び

体外受精を受けるかどうかについて、大きなハードルとなるのが
次の二つではないかと思います。

banner

■費用が高すぎる
■妊娠の成功率が低い(平均20%)

体外受精の施術費は、自由診療なため保険がきかず、10万円台もあれば100万円を超えてしまう医療機関もあり、大きなばらつきがあります。

さらに、施術が長引いてしまうと、より負担が大きくなります。

体外受精における成功率は20%とまだまだ低く、
高齢になるほど妊娠の成功確率がぐんと下がります。

多くの夫婦は、どの病院に行けば良いかが判断に迷うところです。

国立病院などは安い傾向にありますが、一律的な施術
を行い、個人へのケアが足りないように思えます。

何のために施術を行うかといえば、赤ちゃんを授かるためなので、
基本的には、施術費が高くても、妊娠成功率が高く、評判のよい先生
(医療機関)を選ぶのが良いかと思われます。

体外受精における大切な要素

少し、技術的なお話になりますが、妊娠の成功にとって大切な要素に
なるのがいくつかあります。

そのうちの一つが採卵になります。

参考
体外受精と採卵

妊娠の成功にとって、まず大切になるのが質の高い卵子が
採れるかにかかっています。

又、採卵後の「培養設備や技術が十分か」という要因も重要
になり、エンプリオロジスト(胚培養士)の実力にも
左右されます。

その病院が「培養技術を高めるための、設備的・人的投資に力を
入れているか」も病院選びの大きな要素になります

採卵や培養技術については、一般の人たちでは優れているかどうかは
わからないところですが、設備や人的投資に力を入れているということは、
それだけ施術費が高くなることを意味しています。

そのため、成功率の高い民間のクリニックほど、施術費が
高くなる傾向にあります。

施術費が高いからといって、良い施術が受けられるとも
限らないです。

よい病院選びのコツ

体外受精は、先ほど解説したとおり自由診療なため、投資に力を
入れていなくても、施術費を自由に設定出来ます。

成功率が低いにも関わらず、平均よりもずっと高い施術費を請求する
医療機関もあるのです。

先ずは、口コミや近所の評判などで調べてみましょう。

banner

口コミで調べて評判の良い病院をいくつか絞り込み、その後に、
病院の先生やスタッフなどに施術の内容を詳しく訪ねてみても
良いかと思います。

そこで、きちんと説明が出来なかったり、納得の出来る答えが
なかったらそこを止めても良いし、しっかり説明できるところを
選ぶようにすれば良いと思います。

施術実績をホームページなどで公開しているかも
ポイントの一つです。

実績では、高齢の方を中心に施術を
行っているところは、どうしても低くなります。

ネット上で公開されている成功率だけを見て、判断するのも
良くないと思います。

これらの点を踏まえつつ、最適な医療機関を選択するのが
望ましいでしょう。

【医療機関選びのポイント】
■妊娠成功率が他の医療機関と比べて高いか
(高齢者の場合は、40代以降の成功率を調べるとよい)
■近所の評判、ネット上の評判がよいか
■体外受精を行っている年数
■土日にも採卵を行っている
■医療機関に訪ねて、きちんと説明してくれるか