生理不順

生理不順とは

生理周期ってご存じですか?

生理が始まった日を1日目とし、次の生理が来る前日までを
「生理周期」と呼んでいます。

最も理想的な周期は、28日と言われていますが、
生理の周期が安定しないことがあります。

生理の異常を、例を上げてみると、

  • 生理周期が長すぎる
  • 生理周期が短すぎる
  • 生理の期間が短い
  • 出血量が多すぎる、あるいは少なすぎる
  • 痛みが激しすぎる

などがあります。

このように、生理周期が乱れ、身体の不調が生じる症状を「生理不順」と呼んでいます。

生理不順の種類

通常、正常な生理周期といわれる日数は、26~35日です。

しかし、生理周期が短すぎたり、長すぎたりした場合は、生理不順の
状態
であると言えます。

生理不順には次のようなものがあります。

頻発(ひんぱつ)月経 生理周期が25日以内
希発(きはく)月経 生理周期が36日以上
過多月経 生理の量が極端に多く、生理期間が8日以上続く
過小月経 生理の量が極端に少なく、生理期間が2日以内に終わる

頻発月経の場合、生理周期が極端に短く、月に複数回の生理が起こります。

反対に希発月経は、生理周期が長く、年に数回しか生理が起こらず、
時には、無月経になることもあります。

又、生理期間が正常であることも重要です。
平均的な、生理の期間は3~7日間と言われています。

これより短かったり(過小月経)、長すぎたり(過多月経)する場合も、
生理不順の代表的な症状です。

それから、生理の量が通常より多すぎたり少なすぎたりするといった変調も
生理不順の症状の一つです。

生理不順は、不妊症の大きな原因の一つと言われています。

生理不順は、赤ちゃんが授かる子宮に異常が生じている状態なので、
妊娠に不適な体質になっています。

希発月経のように「生理周期が長い」、あるいは「生理が来なくなった」
という状態が長く続くようになると、子宮が小さくなって、無月経になること
さえあります。

単なる生理不順と思わず、生理不順の症状がひどい時には、早めに
施術することをお勧めしています。

鍼灸施術で体質改善

当施術院における生理不順の鍼灸施術では、子宮や卵巣の機能を
高める施術
を行います。

生理不順は、自律神経が乱れることにより、ホルモン分泌の異常が生じ、
生理周期が不規則になる症状を言います。

生理不順は、同時に、生理のトラブル以外にも、不定愁訴と呼ばれる
様々な身体の不調和を誘発します。

【生理不順で現れる主な不定愁訴の症状】

①メンタル面に現れる不調
疲労感、イライラ、不安感 不眠症 
自律神経失調症 

②身体面に現れる不調
吐き気 立ちくらみ 発汗肩こり だるさ 疲労感 
頭痛 食欲不振 冷え性頭痛 耳鳴り めまい 
動悸 息切れいらいら 吐き気 立ちくらみ 発汗

鍼灸施術では、生理不順の原因である自律神経の乱れを正常に戻し、
子宮や卵巣が本来の働きができるように、身体の体質を改善
させていきます。

鍼灸により、子宮や卵巣が本来の働きを取り戻すことにより、
ホルモンバランスが整い、安定した生理が来るようになります。

女性の身体は、皆様が思っている以上にとても繊細です。
些細なストレスや体調不良においても、生理に悪い
影響を与えることがあります。

大変忙しい現代の社会環境では、肉体的な疲れや強い
ストレスを感じることは、日常茶飯事です。

そのため、いくら、ホルモン剤による施術を行っても、身体に反応せず、なかなか、症状が緩和されないという女性がとても多いのです。

生理不順の原因の多くは、ストレスによるものです。
ストレスにより、自律神経が乱れ、ホルモン分泌に悪影響を
及ぼしております。

ただ、西洋医学におけるホルモン剤による施術は対症療法のため、
一時期は症状が緩和されても、体質そのものが改善されたわけでは
ありません。

生理不順が重なり、さらにストレスがたまり、生理不順がひどく
なるという悪循環の可能性も残っています。

この悪循環から抜け出さない限りは、根本的な解決にはならないのです。


症状別Q&A