生理不順

生理不順に悩む女性が増えている理由

生理は、毎月きちんときていれば、何も問題はありません。
しかし、日本人女性の約45%は、生理不順の症状で悩んでいると言われています。

そして、生理痛がほとんどないという女性は、わずか21%しかおりません。

ところで、生理不順の原因には、どういったものがあると考えられているのでしょうか。

最近、10~20代の若い女性に、生理不順で悩む人が増えています。

生理不順の原因は、ストレス、疲労、過度のダイエットによる栄養の偏り、
冷え症など実に様々です。

特に、若い世代の女性は、無理やダイエット、サプリに頼りすぎた食生活環境から、
栄養に偏りが生じています。

無理なダイエットは、ストレスとも深く関わっており、ホルモンバランスや
自律神経の乱れの大きな原因になります。

これでは、若い頃から偏った食生活を実践し、長年にかけて、妊娠に適さない
身体を、自分で作り上げているようなものなのです。

長い時間をかけて作り上げた生活習慣はそうそう
変えられるものではありません。

そうならないためにも、若い頃から、規則正しい食生活や生活習慣を
努力して作り上げることは、とても大切なことです。

生理不順の原因に合わせた処方箋

生理不順の原因には、様々な要因があることは説明しました。
ここでは、生理不順の原因とそれに対する対策を簡単に説明します。

生理不順の様々な原因とその処方箋

原因 処方箋
冷え症 ホルモンバランスの乱れにより、血流が悪くなることで生じる症状。
体温を上げることが大切になります。

自律神経の乱れ 自律神経の乱れの原因は、ストレスや過労と深い関わりがあります。
生活習慣を見直し、ストレスをためない工夫が必要です。

栄養障害 無理なダイエット、ダイエットサプリ中心の食生活により栄養のバランスを崩していることが原因。きちんとした食生活を摂るようにしましょう。

運動不足 運動不足により、体内の血流が悪くなり、自律神経やホルモンの乱れを生じることがあります。有酸素運動を中心とした運動を実践しましょう。

不眠症・睡眠不足 不眠症克服は、睡眠時間をたっぷりとることよりも睡眠の質を上げることがとても大切です。不眠症の症状別にあった対策が必要です。

疾患 子宮や卵巣に疾患がある場合は、専門医による診断が必要です。

症状別Q&A