生理不順

生理不順は不妊の原因の一つ

生理不順は、不妊症の原因の一つといわれています。

必ずしも、「生理不順=不妊症」に結びつくわけではありませんが、
特に生理不順の症状がひどい場合には、早めに婦人科などの専門医に診てもらう必要があります。

生理不順になると、生理周期が乱れているので、妊娠に
適さない体質になっているため、不妊症へと進行する可能性が高いのです。

ところで、どのような症状の段階で専門医に行けばよいのでしょうか?

生理周期が早い場合には、すぐに生理不順と気づくのですが、問題は生理周期が長い場合です。
逆に生理周期が長すぎる場合には、身体への負担もなくなり、楽だという女性も多いと思います。

ただ、あまりにも長く生理がない場合には、子宮の病気が潜んでいるケースがあり、
決して安心してはいけない状態なのです。

基礎体温をつけて、自分の生理周期をチェックする

生理不順は、不妊症や子宮の病気と繋がっているケースがあります。
当然、早めに専門医に診てもらった方が良いのですが、そのときに必要になるのが基礎体温表です。

生理不順と不妊症が結びついているかを調べるのに、
一番重要になるのが、排卵しているか、していないかです。

これを産婦人科が判断するのに、最も活用されている資料が基礎体温表です。

特に、生理周期が長いというケースには、少なくとも2ヶ月間の測定結果が必要になるわけです。

生理不順で受診した場合、もし基礎体温表を付けていなければ、
必ず付けるように言われます。そして、しばらくの間、基礎体温表
をつ付け、その結果を見て、本格的な不妊施術を行うことになります。

基礎体温表を予め付けていれば、直ちに不妊施術を行うことができ、
早期に手を打つことが出来ます。

毎月、生理がくるということは、身体が健康な状態であるという証拠です。
健康体ならば、元気なお子様を宿すことのできる、妊娠しやすい状態であると言えます。
生理不順は、不妊症の原因の一つでありますが、生理不順とは身体が健康体でない状態です。

生理不順の施術は、早ければ早いほど良いです。
辛い症状を我慢することなく、早い段階で施術を受けることをお勧めしています。


症状別Q&A