芸能・著名人の妊娠・出産報告 一覧

釈由美子さんの妊娠・出産報告 – 不妊施術のすずらん鍼灸院

流産、手術、妊娠、女優休業、出産を経験した激動の1年

釈由美子さんは多嚢胞性卵巣症候群を患っていた

釈由美子さんは、1978年生まれ、埼玉県出身の
女優、タレントとして知られています。

釈由美子さんがご結婚されたのが、2015年10月、
実業家とご結婚されたことをご自分のブログ「本日も余裕
しゃくしゃく」に公表したことで知られるようになりました。

そして、その発表後の3か月後、2016年1月に第一子を
妊娠しました。

結婚後3か月の妊娠なので、すんなり妊娠できたと
思われがちですが、釈由美子さんは多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
と呼ばれる排卵障害を患っていたのです。

多嚢胞性卵巣症候群は不妊症の原因の一つ

PCOSは、不妊の原因として知られる代表的な疾患です。
そして、釈由美子さんがご結婚された歳が37歳で高齢出産の年代に
突入していました。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS:polycystic ovarian syndrome)を患うと、
卵巣を覆う皮膜が厚く、そして硬くなります。

その影響で卵巣に卵胞が多くたまってしまい、排卵が起こりにくくなり、
月経周期が不規則になったり、無排卵が起こりやすくなります。

このようにPCOSは排卵が起きにくくなることから、不妊の
大きな原因と言われています。

なお、PCOSは、20~40歳に多く見受けられる疾患です。

不妊施術は長期戦になるとブログで公表していた
釈由美子さんは、ご自分の年齢と排卵障害を患っていることを
踏まえ、ブログで「不妊施術は長期戦になる」と覚悟の気持ちを
発表していたのです。

釈由美子さんがどこの病院でどのような不妊施術を行って
いたかについては定かではありません。

釈由美子さんはブログで、

『ず~っと、最も叶えたい夢でしたので
病院の産婦人科で妊娠が確定した瞬間は
夫婦で飛び上がって喜びました!』、

とコメントされていました。

ご自分の強い決意と、PCOSを患っていたことから不妊施術を
行っていたことは間違いないことと考えられます。

高齢とPCOSの二つの障壁を乗り越え、結婚後3か月の妊娠はまさに奇跡

PCOSは年齢とともに進み、生理周期は長くなる傾向にあります。

20代の若い世代であれば、ご自分がPCOSを患っていることを
気付かずにそのまま自然妊娠することもありますが、基本的に
妊娠しにくい体の状態です。

そのため、PCOSを患った場合には、不妊施術を
受けることになります。

PCOSの施術は、まずクロミフェン療法と言われる内服液、
つまり飲み薬から始まります。

クロミフェン療法はまず2~3生理周期行われ、それでだめな場合は
薬の量を増やすことになります。
クロミフェン療法でダメな場合には、さらに強い薬が用いられる
ようになり、さらにだめな場合は、注射による施術を行います。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と高齢出産の二つの大きな障壁があったにも
関わらず、結婚後、無事3か月で妊娠できたことは、ご本人の努力と
妊娠のタイミングが合ったものかと思います。

出産は2016年の夏頃になるのではないかと思われます。
無事にご出産されることを心より願っています。

芸能・著名人の妊娠・出産報告 一覧