芸能・著名人の妊娠・出産報告 一覧

加藤貴子さんの妊娠・出産報告 – 不妊施術のすずらん鍼灸院

流産、手術、妊娠、女優休業、出産を経験した激動の1年

結婚して一年足らずでの出産

加藤貴子さんは、1970年生まれの日本の女優です。
1999年のTBSのドラマ「温泉へ行こう」でヒロイン役を演じてから、
一躍世間に知られるようになりました。

加藤貴子さんが結婚したのは、2013年10月31日、43歳でした。
お相手は一般男性であることをブログで公表しました。

今も女優として活躍中の加藤貴子さんは、2014年11月に第一子を
出産しました。そのときの年齢は44歳です。
つまり、結婚して1年で足らずで出産したことになります。

自然妊娠は厳しいと診断されていた

通常、高齢妊娠と言われる年齢は35歳以上です。
加藤貴子さんのご結婚の年齢が43歳、出産が44歳なので
一般的に言われる高齢妊娠35歳の年齢をとっくに超えておりました。

そして、夫の方も病院の検査で男性不妊であることが発覚して
いました。病院の先生から、加藤貴子さんの年齢と夫の男性不妊の
ことを踏まえて、「自然妊娠はかなり厳しい」ことを言われていたそうです。

不妊施術で体外受精を行っていた

加藤貴子さんがどのような不妊施術を行っていたか詳しくは
公表しておりません。

ただ、不妊施術で体外受精を行っていたことは確かです。

加藤貴子さんの年齢や夫の男性不妊のことを考えると、
確かに通常の不妊施術の手順では妊娠はかなり厳しい
ことは間違いないことだったでしょう。

状況的なことを考慮すると、おそらく、タイミング法や人工授精の
ステップは行わずに、体外受精から行ったのではないかと思われます。

流産をご経験しての妊娠、出産だった!?

2014年の6月に加藤貴子さんは、ご自分のブログで「2013年末に
稽留流産の手術をして女優活動を休養していること、そして、
今、妊娠5か月である」ことを公表しました。

つまり、2013年末に稽留流産の手術をした後、間もなく
妊娠したことになります。

加藤貴子さんは、2013年の流産のときは、加藤貴子さんも
本当にショックだったようです。

加藤貴子さんは過去にも流産を経験され、2013年末の流産は
初めてではなかったようです。ご自分の年齢も考え、ご結婚前から
妊活をされ、本当に子供を待ち望んでいたようです。

2013年の妊娠も体外受精での妊娠のようでしたが、結局
流産することになってしまったのです。

妊娠、結婚、流産、出産をご経験 激動と奇跡の1年!?

二度と流産という苦しい体験はしたくないということで、
2013年末の手術後、一旦女優活動を休業し、妊活に専念するように
なったのではないかと思います。

妊活に専念したことがあって、2014年11月に無事出産
に至ったのです。

出産後は、母子ともに健康とのことです。

まさに、2013年10月31日に結婚、2013年末に稽留流産の手術、そして
妊娠、女優休業、2014年11月出産と、まさに激動の1年でありました。
しかし、奇跡と感動の一年でもあったといえるでしょう。

芸能・著名人の妊娠・出産報告 一覧