排卵日

おりものと排卵日の関係

排卵日を予測する方法として、基礎体温表、排卵日検査薬などがありますが、
おりものの症状からもある程度、排卵日を予測することができます。

排卵日が近くなると、頸管(けいかん)粘液と呼ばれる
粘度の高い分泌液が出るようになります。
そして、排卵日になると糸をひくくらいの強い粘度の分泌液になります。
ここで述べている分泌液とは、通常「おりもの」と呼ばれているものです。

おりものの粘度は、排卵日が近づくに連れ、次第にゼリー状になっていきます。
このゼリー状の状態になっているときが排卵日ということになるのです。

又、おりものの量についても、排卵日が近づくと増えていきます。
つまり、おりものの量と粘度から、排卵日をある程度予測することができるのです。

おりものの症状から排卵日を予測する

おりものは時期によって、粘度と量が変化します。
この変化は、生理周期や基礎体温とほぼ連動しています。

このようにおりものの量と粘度の変化を確認して、
排卵日を予測する方法を「子宮頚管粘液法」と呼んでいます。
ここで、排卵日における、おりものの状態についてまとめてみました。

排卵日におけるおりものの状態
  • おりものを指に付けて伸ばすと10cm近く伸びる
  • 色が白から透明になる
  • おりものを水に入れても溶けない

おりものの状態を調べる方法は、指をきれいな状態にして、
膣の奥まで入れて、分泌液をとるのが一般的な方法です。

おりものの量と粘度は、生理前、排卵日、生理後で比べると違いがあります。
生理開始から9日前後経過すると、粘度のあるおりものが出始めるようになります。

その後、排卵日が近づくにつれ、
さらに粘度の高い透明なおりものが2、3日続くようになり、
おりものを指でとってみると10cm程伸びるようになります。

この時が、排卵日か、あるいは排卵日が近い時の症状です。
但し、このおりものの状態による確認法には、個人差がかなりあります。
この時に、排卵検査薬を併用することで、
排卵日であるかどうかをより明確に確認することが出来るようになります。



症状別Q&A