排卵日

排卵日について

女性は、約30日間の生理周期において、
一度だけ卵巣内の卵胞が成熟し、卵子が排出されます。

排卵とは、文字通り、卵子が排出されることを言い、
排卵が起きる日にちを排卵日
と呼んでいます。

排卵のメカニズム

排卵は妊娠と深く関わっています。
妊娠を希望している女性にとっては、排卵を抜きにして考えることはできません。
ここで、排卵の仕組み(メカニズム)について、 もう少し詳しく解説したいと思います。

卵巣は、うずらの卵くらいの大きさを持つ臓器で、
子宮のすぐ近くに存在します。
女性の身体には卵巣は2つ存在しますが、
卵巣の中に卵子の素となる原始卵胞がたくさん存在しています。

この原始卵胞が、月1回、生理の時期になるとその内の
一つの成熟した卵胞が排卵されるようになります。
排卵が行われた後、黄体が形成され、約14日間、存在することになります。

ここで、もし、妊娠できなければ黄体は消滅し、再び、月経が行われることになります。

無事、妊娠できた場合には、黄体は妊娠黄体へと変わり、
妊娠の初期状態に入る
ことになります。

妊娠の仕組み(メカニズム)

ここで、男性の精子と女性の卵子の両面から、妊娠のメカニズムを考えてみたいと思います。
女性の身体は女性ホルモンの働きにより、約30日間の
月経・排卵のサイクルを繰り返す
ようになります。

排卵が行われた後の卵子は、卵管の入り口付近で待機しています。
一方、精子の方は膣、子宮口を自力で通って、卵子と出会います。

一つの卵子に群がることのできる精子は50~60個ほどですが、
そのうちの一つの精子と一つの卵子が融合することになります。

無事、卵子と精子の核が融合し、細胞分裂が始まることにより、妊娠が成立することになるのです。



症状別Q&A