二人目不妊

二人目不妊と年齢の関係

二人目の時には、1人目の時より女性の体質が変わります。

ここで、もう一つ問題になるのが、多くの御夫婦も心配していることですが、
年齢の問題です。

一般的に35才以上で出産することを高齢出産と呼びます。

近年、結婚する年齢が上昇していることもあり、二人目を
希望するときには、すでに35才を越えている御夫婦の割合も昔と比べてずいぶん増えました。

実は、女性の卵巣には、生まれたときから、たくさんの卵子が備わっています。
つまり、生まれたときから、卵子の老化はすでに始まっているのです。
卵子は、年をとればとるほど衰えていきます。

そして卵子だけでなく、卵巣や子宮内の機能、そして、女性ホルモンも同時に年々衰えていくのです。

特に女性の場合は、30才をすぎた当たりから、卵巣や子宮
機能の衰えが目立ち始めます。

つまり、年齢が高ければ高いほど、自然妊娠する確率は、下がっていくことになるのです。

高齢・二人目不妊を克服のために心掛けること

不妊症の最たる原因が、卵巣や子宮、女性ホルモンの衰えにあるのなら、
卵巣や子宮の働きと女性ホルモンを若返らせ、
活性化させていくしかありません。

そのためには、卵巣や子宮の働きが活性化するような
身体の体質改善をしていく必要があります。

体質改善については、様々な情報が流されていますが、
それぞれの改善方法について共通していることは、免疫力の低下に
つながるような生活習慣を改め、血行促進を促し、身体の免疫力を
強めることにあります。

ストレスやたばこ、運動不足、偏った食生活などは、
身体の免疫力を弱めることになります。

身体を温める工夫をしたり、適度な運動、食事療法などは、
身体の免疫力を高めることに繋がります。

漢方や鍼灸施術などの東洋医学なども、身体の免疫力を高めていく
代表的な施術法でもあります。

このように、免疫力が低下する生活習慣を改め、如何にして免疫力を
向上させていくかによって、 高齢・二人目不妊を克服することができるようになるのです。



症状別Q&A