二人目不妊

二人目不妊を克服する

二人目不妊の主な原因は、

  • 夫婦生活の減少
  • 加齢・高齢
  • ストレス

の3つがあります。

これ以外にも、二人目不妊の原因は、「流産の経験がある」
「子宮に疾患がある」「女性ではなく男性に問題がある(男性不妊)」
などの原因も考えられます。
このように、原因は非常に様々です。

しかも、原因は一つだけではなく、2つ、あるいは3つ以上の要因が当てはまっている人が多く、
これが二人目不妊の本当の原因をわかりにくくしている大きな原因なのですね。

ここでは、主な3つの原因についての処方箋を簡単に説明します。

夫婦生活の減少

ほとんどの人に当てはまるのが、夫婦生活の減少です。

一人目を授かった人に、夫婦生活の回数をたずねると、
ほとんどのご夫婦は、回数が以前よりも減ったと答えられます。
回数が多ければ多いほど妊娠しやすくなることは、医学的にも間違いのないことです。

例えば、以下のような興味深いデータがあります。

  • 週1回未満では、半年以内に妊娠する確率は20%未満
  • 週4回以上では、半年以内に妊娠する確率は80%

ところが、二人目はほしいといいつつも、月に数回という夫婦が実に多いのですね。
毎日とはまではいかなくても、夫婦生活の回数を増やすことは、
とても大事になるのですね。

加齢・高齢

年を取ると、体内の状態も当然変わってきますし、生殖機能も次第に劣えてきます。
また、育児や家事の疲れによるストレスが追い打ちとなって、精子や卵子の働きを
さらに弱めております。

しかし、年をとったからといって、絶対に妊娠できないというわけではありません。

最近では、第一子を出産するのは、3人に1人が35才以上の女性である
という割合まで増えています。

40代では、不妊施術による出産が多いでしょうが、
不妊施術によって、40代後半で妊娠する女性もたくさんいます。

ですから、高齢で出産を望む人には、不妊施術はやはりお勧めです。

ストレス

ストレスは、精子や卵子の数を減らすだけでなく、 夫婦生活の回数にも影響します。

特に、一人目の子供を授かると、育児の疲れにより、一人目を
生むときよりも、ストレスがさらに溜まりやすい環境です。

しかし、「妊娠できない」という焦りがかえって、よけいなストレス
を生んでしまい、悪循環に陥ってしまうのです。

赤ちゃんは神様からの授かり物です。

どうしてもあせってしまう場合は、まずは神様に時期を委ねてみませんか。
そうした、リラックスした気持ちの中に、子宝は舞い降りてくるはずです・・・。



症状別Q&A