不妊症

専門医で行われる代表的な不妊施術の種類

不妊施術ってどんなものがあるの?

そんな疑問をお持ちの女性も多いでしょう。
そこで、代表的な不妊施術について、次に上げてみました。

代表的な不妊施術

要因 詳 細
タイミング法

排卵日を予測して、妊娠しやすい時期に性交渉を行うことを目的とした施術法。最もポピュラーな不妊施術法。

ホルモン療法 排卵障害や黄体機能不全により着床障害が生じている場合に行なわれる施術法。内分泌療法、あるいはホルモン補充療法とも呼ばれ、排卵誘発剤(ホルモン剤)を用いての施術が中心。
人工授精 人為的に精子を子宮内に送り込むことにより、妊娠を実現する施術法。
体外受精(IVF) 本来、体内で行われる受精を体の外で行い、その後、受精卵を子宮内に移植する施術法。
顕微授精 体外受精の一種。卵子と精子を人為的に体外に取り出し、倒立顕微鏡操作下で受精をうながす施術法。

上記の中で、最も基礎的な施術法は、タイミング法です。

タイミング法は、精神的にも経済的に負担がとても少なく、
不妊施術として最初に行う代表的な施術方法です。

タイミング法で、妊娠できなかった場合には、
人工授精や体外受精、顕微授精を行うことになります。

高度生殖医療について

人工授精、体外受精、顕微授精は高度生殖医療と呼ばれる施術法です。
高度生殖医療は、通常、保険適応外となります。
そのため、どうしても費用がかかりすぎ、高度生殖医療を断念する人ももちろんおります。

例え、お金がかかっても赤ちゃんがほしいという人もいます。
そのため、高度生殖医療を受ける人も、数多くいるのも事実です。



症状別Q&A