不妊鍼灸

体外受精の成功確率を高める鍼灸治療

体外受精や顕微授精は、高度生殖医療と言われています。
体外受精を受ける方の中に、鍼灸と併用する方が増えてきています。
世界各国の体外受精と鍼灸効果についての科学的な研究報告の代表例をお伝えします。

ドイツの報告~体外受精における鍼灸効果の事例(その1)

【調査の詳細内容】
体外受精によって良質の胚が得られた健康な160人の女性を対象に80人ずつグループ分けをし、一つは鍼刺激を胚の移植の25分前にし、移植後にも刺激した。もう一つは何もせずに移植した。

【結果】
妊娠は鍼刺激群80人中34人で42.5%、何もしない対象群は80人中21人で26.3%という結果が発表されました。

日本生殖医学会の報告~体外受精における鍼灸効果の事例(その2)

体外受精を5回以上行っても妊娠できなかった不妊症の女性114人に針治療を行ったところ、次のような結果となりました。

【調査の詳細内容】
体外受精を5回以上行っても妊娠しなかった重度の不妊患者の女性に鍼灸治療を週1~2回のペースで行い、腹部や足などにある婦人科疾患に効果があるとされるツボを針で刺激しました

【結果】
対象人数114人 49人中4人は自然妊娠、30人は治療後1回目の体外受精で妊娠に成功。

英国医師会誌「British Medical」文献

体外受精での胚移植から一日以内に鍼灸施術を行った女性と、鍼灸施術を行わない女性を比べたところ、鍼灸を受けた女性は、受けない女性と比べて妊娠確立が65%高まったということを紹介していました。

これらの3つの事例でおわかりのとおり、体外受精と鍼灸効果については、世界各国でその効果が実証されています。

世界の鍼灸レポート『スウェーデン編』



症状別Q&A





  • 【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル
  • LINEで予約