不妊鍼灸

不妊の大きな要因 – 卵質の劣化について

西洋医学における不妊の主な原因は、子宮や卵巣の疾患、男性側の疾患による男性不妊とされていますが、近年、新たな原因として、卵の質(卵質)が注目されるようになりました。

卵子は精子と同じように新しい卵子が常につくられる
わけではありません。

女性は生まれたときから100~200万個の卵子(原子卵胞とも
呼ばれる)が存在しており、歳を重ねるたびに卵子を少しずつ
失っていきます
。そして、50歳前後で原子卵胞を使い切って
しまい、閉経となります。

また、生理時に排卵される卵子は、生まれたときから卵巣に保管されて
いた原子卵胞が使われているようなものです。

つまり卵巣は保管庫のような役割を果たしております。

この卵子は、年齢が経つたびに劣化していき、さらに保管庫の
役割を果たす卵巣機能も年と共に低下していきます。
その卵巣機能の劣化の影響により、さらに卵の質を落としてしまいます。

卵子の成熟期間と不妊について

このような背景から、卵の質は妊娠力に大きな影響を与える
こととして注目されるようになったのです。

しかし、西洋医学においては、劣化した卵質を改善することは
困難とされています。

当院では、卵質に与えるもう一つの大きな要因があると
考えています。

卵胞は、毎月1個ずつ発育するということではありません。

卵胞は毎月1000個程生理と関係なく育ち、3ヵ月の
期間で成熟します。

その多くの成熟した卵胞から一つだけが選ばれて次の生理で
排卵されるようになっており、残りの成熟した卵胞は消滅していきます。

この3ヵ月間の卵胞が成熟する期間が、質のよい卵子を作るための
重要な期間
と考えています。

不妊体質の改善に6ヵ月が必要な理由

東洋医学的には「卵子」という概念はなく、身体の様々な不調の原因を体のバランス、つまり「気や血の流れの乱れ」と考えております。

気や血の巡りが悪いと当然3~6か月の間に育つ卵胞にも
大きな悪影響を与えることになります。

不妊体質の改善に数か月かかると言われるのは、「卵胞が
成熟する期間と生理周期を加えた期間」
を示しているとも
言われています。

準備期間も含め、最低6ヵ月間、鍼灸をお勧めしている理由が
ここにあります。

鍼灸治療においても、卵巣に存在する原子卵胞そのものを
若返らせることは困難ですが、鍼灸により卵巣の免疫力が向上し、
ストレスや食生活などで弱った卵巣機能を正常な状態に戻す

ことは十分可能です。鍼灸治療+生活スタイルの改善が必要になります。

保管庫としての機能が高まれば原子卵胞の劣化の進行も
抑えることができます。

このように東洋医学と西洋医学では治療の概念がまったく
異なっております。

西洋医学で長い間妊娠できない方は、一度
鍼灸で体質改善をされることをお勧めします。

卵質は高められる!? すずらんコラム

卵質は、年齢を重ねるたびに劣化していくことを解説しました。

時々、卵質を高めるサプリの話を耳にしますが、専門家の
意見からすると卵質をサプリで高めるのはやはり無理
言えるでしょう。

この話はまったくの嘘かと言えば、すべてがでたらめと
いうわけでもなさそうです。

これは、誰もが一度は聞いたことのある活性酸素と関係が
あります。

活性酸素とはわかりやすく言えば、身体を錆らせる作用が
あります。
体内に活性酸素が多ければ、それだけ卵質の劣化が進むという
ことは、決して間違っていないことと思います。

そこで活性酸素を除去する作用のある栄養素を摂取することで
卵質の劣化の進行を抑えるという考えが出てくるのです。

つまり、卵質を高めるサプリとは、正確にいえば、
「卵質を高める」というよりも、「卵質の劣化を防止する」
という表現が正しいことになります。

このように、サプリがまったく効果がないというわけでは
ありません。

しかし、サプリだけに頼って悪い生活習慣を改善できなければ
効果はそれほど期待できないでしょう。



症状別Q&A