不妊鍼灸

妊娠初期(1か月~4か月)時の鍼灸治療

流産は妊娠して3か月までの間に集中しています。

この3か月の間に母の胎内で胎盤がつくられ、胎盤ができると、
母体と胎児がしっかりつながるようになります。

母体と胎児がしっかりつながると、流産の可能性がぐんと下がり、一般的に「安定期に入った」と呼ばれる 状態になります。

基本的に、当院では安全をみまして、安定期(5か月以降)に
入るまでは、妊娠ツボと呼ばれるツボには鍼を打たず、
疲労回復をメインとしたツボを中心に施術を行ってまいります。

「身体がだるい」「めまいがする」「貧血がひどい」「つわり」などの
症状に鍼灸治療は効果的
です。

また、妊娠初期の代表的な不調である『つわり』は、鍼灸治療
で改善
されることがとても多いです。

妊娠中期(5か月~7か月)時のる鍼灸治療

5か月目以降は胎盤ができて、安定期に入ります。
この時期に入ると病院に通う頻度もぐんと少なくなります。

これまでの通院の疲れなどにより、ストレスが
たまっていることがあり、身体にも精神的にも悪影響を
与えていることがあります。

体調維持と今後の出産を健康な状態に迎えるための
準備としての治療をお勧めしています。

又、安定期に入ると『逆子』を先生から指摘されることが
あります。

鍼灸治療は世界保健機関(WHO)において、適応症として
認められており、つわりの鍼灸効果は公式に認められています。

妊娠後期(8~10か月)

妊娠後期になるとお腹の中の赤ちゃんも大きくなり、腰や背中に
負担が急にかかるようになります。

その影響でむくみや腰痛などが生じ、辛い症状を訴えるように
なります。この時期に体調が悪いと安産や産後ケアに悪い影響を
与えることになります。

身体に負担がかからない頻度で体調維持・安産力
アップのための適切な鍼灸治療
を行います。

三陰交、至陰にお灸をする「安産灸」は、ご自宅でもできる
お灸ですので、こちらもお勧め致します。

この時期は逆子を治す最後の機会でもありますので、
逆子に悩んでいる方は鍼灸をお試しすると良いでしょう。



症状別Q&A