不妊鍼灸

鍼灸治療の歴史について

不妊に鍼灸が効くということは、ここ数年でネットでも
よく知られるようになりました。

しかし、「本当?」「西洋医学の方が良いのでは?」
と不安に思われる方もまだまだ多いのではないかと
思われます。

西洋医学における不妊治療は、20世紀後半から急速に進化し、
歴史はまだまだとても短いものです。

これに対し、東洋医学は数千年の研究の歴史があります。

古典の医学書においても、不妊を「不子」「無子」「絶子」と呼び、
その治療方法が解説されています。

もともと、鍼灸には免疫力を高め、身体の悪い状態を正常な状態に
戻すことに治療の方向性があります。

東洋医学(鍼灸)は不妊治療を得意としていたのです。

鍼灸が有効な不妊の種類について

鍼灸は、次のような事例のときに効果を
発揮しやすいとされてます。

■生殖機能の異常による卵子の質の低下が原因の不妊
■病院で検査を行っても「原因不明」「異常なし」と言われた場合
■長い間、不妊治療を行っても妊娠できない場合

多くの患者さんは最初に鍼灸を受けるのではなく、西洋医学を
先に受診します。
そこで効果がでないときに、ワラをもすがる思いで鍼灸院に
来られる方は多いです。

最近では西洋医学での不妊治療を始める前にカラダを整えたい
という患者様が増えてきています。

順番では鍼灸を行ってから婦人科での不妊治療を行なう
効果はアップしています。

実際に鍼灸を受けて、すぐに身体に改善効果が現れる方は少なく
ありません。

子宝がすぐに実現できなくても

「ホルモンが整い、基礎体温表はきれいになった」
「体の冷え症が改善された」
「ストレスや体の疲れがとれ、ずいぶん楽になった」

などの改善事例は数多くあり、何らかの変化があります。

そこで通院を止めるのでなく、それから良い方向へと向かって
カラダ作りをされるのが良い
です。
近年の研究により、体外受精と鍼灸との並行治療により
成功確率が高まることが世界に発表され、注目されるように
なりました。

日本においても体外受精と鍼灸を 並行して行う患者様は年々
増えてきています。



症状別Q&A