漢方や鍼灸で基礎体温を整える – 不妊治療のすずらん鍼灸院Q&A

基礎体温を整えるには鍼灸と漢方薬のどちらにしますか?

Q 現在不妊治療中です。今まではタイミング法による治療を行っていましたが、妊娠できず、人工授精を勧められました。病院に通ってしばらくしてから基礎体温が安定しなくなりました。人工授精を行う前に鍼灸か漢方薬を行って基礎体温を整えたいと思っていますが、時間的にも費用的にも両方を試す余裕がなく、どちらにするか迷っています。 



不妊治療を行った後に基礎体温が乱れる患者様は多いですか?


 これまで基礎体温が安定していたのに、不妊治療を行ってから基礎体温が

乱れ始めたという事例はあります。

そして、「不妊治療でいろいろ試してみたけどだめだった。不妊治療をあきらめて

病院に通うのを止めた途端に妊娠した」という事例もあります。

不妊治療を受けることでストレスになり、女性ホルモンに影響して基礎体温が乱れることがあります。

周りの人たちのプレッシャーと不妊治療でなれない薬を飲み体に合わず飲み続けて体を壊していく方や、通院のストレスを強く感じる方もいます。

プレッシャーを強く感じすぎる性格の方には、病院やクリニックでの待合室での疲労感でホルモン値が乱れたりすることもあります。なので通院回数が増えれば増えるほどストレスを感じてしまい女性ホルモンに影響を与えてしまいます。

プレッシャーを感じすぎると基礎体温にも悪影響を及ぼすことがあるので、

そういう方はストレスが軽減される鍼灸施術の方がリラックス出来るのでよろしいかと思います。

カラダ作りをしないで病院に通ってる方を多く見受けます。そして最後の砦で鍼灸院に来院され期間限定でダメなら諦めるということを言う方もいますが、病院に行く前にカラダ作りをしてから不妊治療を始めたほうが確率は高くなりますので鍼灸施術を第一にお考え下さい。

又、ご自宅では自分の時間を作り好きな音楽を聞いたり、好きな香りを選びアロマすることをオススメします。



同じ薬品名の漢方薬でも効果が同じとは限らない


不妊に効く漢方薬は、薬のネット解禁からインターネットでも宣伝・販売しています。

ネットの方が安いからといってネットで購入するのは、考えた方が良いと思います。

なぜなら、漢方薬処方は、その方の体質に合わせて漢方薬を処方するからです。

体質の変化が現れた場合には、前回と違う漢方薬を処方する必要があります。

以前に処方された漢方薬をネットで購入する方もいるようですが、

基本的には医師や漢方薬局の薬剤師さんにとその都度診察してもらい、漢方薬を処方してもらうのが良いと思います。

漢方薬は同じ薬品名でもメーカーが異なると、効果に違いがあるのでネットでの購入は慎重になったほうが良いかと思います。



漢方と鍼灸のどちらが良いですか?


不妊専門のクリニックの中には、クリニックの治療方針から漢方薬を禁止しているところがあります。

それは、薬を医師の知らないところで併用していた場合には、医師が数値で体の状況を正しく把握しにくくなることがあるからです。

クリニックや病院で漢方薬を禁止しているかどうかを確認し、禁止している場合には鍼灸を選ぶと良いかと思います。

鍼灸では、薬を処方することなく、カラダの弱い部分を改善するすることが出来ます。例えば、体外受精の時に鍼灸を併用すると妊娠率は上がります。

これは欧米での論文発表でも明らかにされていますし当院でも実感しています。

この場合もカラダ作りをしてから体外受精にチャレンジした方が金銭的にも体力的にも

余裕が出来ますよ。鍼灸施術で妊娠しやすいカラダ作り→クリニック通院がベストな選択だということをお考え下さいね。

漢方薬と鍼灸のどちらを選ぶにしても不妊に詳しい治療院を選ぶことが望ましいです。

不妊を克服するために、医療機関に頼りすぎずに、ご自分での努力が必要ですよ。

例えば食生活の改善をする。この際朝、昼、夜食べたものを書いてみましょう。

え?こんなに多く甘いものを食べてるとか発見できますのでそれを改善しましょう。

当院では10年以上の臨床経験と不妊カウンセラーの視点から生活習慣の改善や

不妊に関する様々な悩みについても解決策を提案させて頂いています。

当院は清潔感を常に保ち、院内はクラシックが流れていて完全個室なので隣の方の声も聞こえにくいので話しやすい環境を作っています。リラックスした気持ちで治療を受けられます。鍼灸治療に興味のある方は一度ご連絡下さいね。




  • 【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル
  • LINEで予約