漢方薬が体に合わない場合の対処法 – 不妊治療のすずらん鍼灸院Q&A

漢方薬が合わない場合は、どうすれば良いの?

Q32歳で妊娠を希望してます。結婚してなかなか妊娠できず、不妊治療を受けることにしました。それからタイミング療法を2年行っていますが、それでも妊娠できません。そこで病院の処方による漢方薬を試すことになりましたが、苦くて体に合わず、困っています。漢方薬を飲むようになってから基礎体温が余計に乱れるようになり、体調も悪くなったような気がします。本当にこのまま漢方薬を続けて良いか、また漢方薬の中身もよく代わるのでとても心配です。

 病院で処方される薬と違い、漢方薬の処方は、体の状態に合わせて薬を

処方します。薬の内容を体調や年齢、基礎体温の安定度などに合わせて

変えていくことはあります。

病院で処方される普通の薬は、どの病院で処方されてもほぼ同じ薬が処方されます。

しかし、漢方薬の場合は、例えば、風邪の症状で漢方薬を処方する場合でも、

先生によって処方される薬が変わってきます。

ネットから漢方薬を買わない方が良い理由

今では、漢方薬はインターネットでも販売されています。時々、「友達からこの漢方薬がいいよ」と聞いてネットで購入する方もいますが、ご自分で判断して漢方を購入することは控えたほうがいいです。友人とご本人では体質が違うので効き方が変わるからです。

漢方薬は1つの薬で幾つもの効果があるのでこれのチョイスが難しいのです。漢方薬を選ぶ時は、不妊に詳しい漢方薬局に直接足を運んで処方してもらうことがベストです。

好転反応の可能性について

今回、漢方薬を使用して基礎体温が乱れ、体調が悪くなったと

聞きましたが、漢方の場合は、『好転反応』と呼ばれる現象が

起きることがあります。

好転反応とは、体の悪い状態から良い状態に切り替わる時、一時的に身体が

悪くなるような症状が起きる現象を言います。

この場合は、一度、処方してくれた先生に好転反応かどうかを、

遠慮なく聞いてみると良いでしょう。

鍼灸を選択することはベストです

鍼灸は漢方と同じく、東洋医学がベースとなっています。

鍼灸をお選びになる場合にも不妊に強い治療院かどうかは

重要な要因になります。鍼灸でも、好転反応は起きる場合があります。疲労感などが一時的に起こる場合がありますが、数時間すると治まってきます。

今までにない刺激をカラダは受けて反応してるので出てくる場合がありますが

全員には出ませんのでご心配なく。

治療中は、気持ちよく眠っている患者様も多いです。それは自律神経の副交感神経(落ち着く神経)が動き始めてるからです。