卵胞発育の段階と排卵障害 – 不妊施術のすずらん鍼灸院Q&A

卵胞発育と不妊の関係について教えてください

卵胞発育の障害が疑われると言われましたが、よく意味が
分かりませんでした。卵胞発育と不妊の関係について教えてください。

原始卵胞と卵子について

 女性の体は生まれる前、つまり胎児の頃より、約700万個の原始卵胞を持っています。原始卵胞は、年を取るたびに徐々に減っていき、思春期には数十万個にまで減っています。

思春期以降も、女性は月経の度に原始卵胞を排出し、そのうちの一つが「卵子」になります。
この一つの「卵子」をつくるために、月経の度に
約300個の原始卵胞を失うことになります。

この原始卵胞が排出される数は、30才以降、280、270・・・と
徐々に減少していき、さらに出来上がる卵子の質も劣化していきます。

従って、質のよい卵子を形成するためには、原始卵胞が
排出されたときに正常に成長して質のよい卵子をつくることが
とても大切になります。


卵胞発育から排卵までの障害部位とその特徴
(画像:荒木重雄 医学書院 不妊治療ガイダンス改定第2版)

卵胞発育には段階がある
原始卵胞は卵巣に存在し、その大きさは0.1~0.2mm(小卵胞)です。
卵胞は、卵胞刺激ホルモンの影響を受けて月経直前には
5mmほど(中卵胞)に成長することになります。

卵胞はさらに成長し、直径8mmくらいからエストロゲンの
分泌が徐々に増えていき、15mm(成熟卵胞)になるとさらに
エストロゲンの分泌は急増していきます。

このように発育段階は、小卵胞、中卵胞、成熟卵胞の
3つに分けることができます。

そして卵胞発育の障害は、これらの段階で起きるように
なります。

■小卵胞の段階における卵胞発育障害
障害部位:最大の卵胞が直径1mm以下
障害の特徴:十分なエストロゲン分泌ができず、無月経を生じる

■中卵胞の段階における卵胞発育障害
障害部位:卵巣中に直径5mmほどの卵巣が多く存在
障害の特徴:基礎レベルのエストロゲン分泌が見られ、無月経、あるいは
無排卵周期症を生じる。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)もこれに該当します。

■成熟卵胞の段階における排卵障害
障害部位:排卵直前の直径18mm程度の卵胞の発育が認められる
障害の特徴:卵胞成熟が認められても、卵胞破裂が起きず、
卵を含んだまま黄体形成が起きるようになります。

上記の3つの中で最も軽症な段階は、成熟卵胞の排卵障害になりますが、
卵胞の発育が起きない、あるいは卵胞破裂が起きない状態を
「排卵障害が原因による不妊症」として扱われています。

排卵障害による不妊症は、調査機関によってばらつきはありますが、
不妊患者の15~25%を占めると言われております。