妊娠確率 – 不妊施術のすずらん鍼灸院Q&A

ハムスターテストはどのようなことを行うのですか?

精子の検査方法としてハムスターテストという検査法があると聞きましたが、どのようなことを行うのですか?

ハムスターテストは、精子機能を詳しく検査するテスト

 ハムスターテストは、男性の精子機能を調査するテストです。一般精液検査で異常がないにも関わらず、不妊が長期化し、女性の側に問題がない場合に行われることがあります。

精液検査よりもさらに詳しく精子の状態を調べることができ、精子先体反応検査と合わせ、男性不妊を調べる特殊な検査法の一つと言えます。

ハムスターテスト
(画像:荒木重雄 医学書院 不妊治療ガイダンス改定第2版)

ハムスターテストの判定方法
ハムスターテストは、文字通り、ハムスターの卵を用いて、
「精子の侵入検査」を行うことになります。

まず、卵の周りを覆っている透明帯を除去します。
卵の透明帯は、多数の精子を同時に受精することを防止するだけでなく、
他種の精子の侵入を防ぐ役割があります。

もし、この透明帯が存在すると「人の精子」の通過を阻害する
要因になるため、この透明帯を除去する必要があります。

そして、この透明帯を除去したハムスターの卵と人の精子と接触させ、
精子が卵内に侵入する能力があるかどうかを検査します。

ハムスターテストの結果が陽性であった場合は、精子は
卵との結合が可能であることを意味します。

ハムスターテストの判定基準は、「15%以上の精子の侵入が
あるかどうか」です。精子の侵入が15%以上であった場合は、
正常(陽性)とみなされます。

また、ハムスターテストは、その検査結果により、人工授精、体外受精、
顕微授精のどれが適しているかの判定材料の一つにもなっています。

ただ、ハムスターテストは医療機関の施設によって基準値が異なり、
精確さに多少の問題があるとも言われています。

人間と動物との検査ということもあり、現在、バムスターテストは
あまり行われなくなっているようです。

カルシウムイオノフォアによる検査法ついて

なお、参考までですが、ハムスターテストのように精子の侵入度
を検査する方法として、精子をカルシウムイオノフォアで事前処理を
行い、先体反応を強制的に起こさせる方法があります。

「イオノフォア」とは「取り込む」という意味があります。
つまり、「カルシウムイオノフォア」とは、「カルシウムを取り込む素材」
ということになります。

これは、卵の中に含まれるカルシウムイオン濃度が、「カルシウムイオノフォア」
の影響で一時的に増えることで、卵の活性化が促進されるようになります。

カルシウムイオノフォアは比較的簡単に行うことができ、
卵の活性化を促す方法として使われています。