子宮内膜症 – 不妊施術のすずらん鍼灸院Q&A

なぜ、子宮内膜が妊娠に悪影響を及ぼすのですか?

子宮内膜症は不妊症の原因と聞きました。子宮内膜症とはどのような状態ですか?また、なぜ、子宮内膜が妊娠に悪影響を及ぼすのかを教えてください。

子宮内膜症は不妊女性に見られる代表的な症状

 子宮内膜とは子宮の内側を覆う粘膜を言います。子宮内膜は、妊娠に備えるために子宮の内膜を厚くして、受精卵が着床しやすい状態を作ります。

子宮内膜は、卵巣から分泌されるホルモンの影響で内膜を厚くしますが、妊娠が成立しない場合には、脱落して月経を生じ、体外に排出されるようになります。

もし、子宮内膜が正常な状態であれば、内膜は子宮内腔で作られますが、
この内膜が子宮内腔でできずに、骨盤の内膜や卵巣の中などに
作られることがあります。

このように、内膜が正規の子宮内腔以外でできてしまう症状を
子宮内膜症と呼んでいます。

子宮内膜症は、一般女性において5~10%の発生頻度で生じますが、
不妊の女性では20~30%という高い割合で生じていると言われています。

このため、子宮内膜症は、不妊の大きな要因の一つとされています。

子宮内膜症の代表的な症状

子宮内膜症は現代病とも言われ、一昔前の3倍の
発生率と言われるようになりました。

子宮内膜症の代表的な症状を言えば、「ズキズキとした痛みが続く」
ことが言えます。

生理痛の辛さで訴える女性もおりますが、耐えがたい痛みが
続いている場合には、子宮内膜症の可能性が考えられます。

痛みは、内膜のある場所やサイズなどによってさまざまです。
生理時の痛みだけでなく、腹痛、腰痛、性交渉や排便・排尿時に痛みが
起きることもあります。

子宮内膜症を発症しても、はじめのうちは気づかないことがありますが、
日が経つに連れて痛みがひどくなり、尋常でない痛みになった時に
病院に来られるケースが多いようです。

子宮内膜はふわふわした温かいベットのようなもの

最初に述べたように、子宮内膜は受精卵が着床しやすい環境を作ります。
もう少しわかりやすく言えば、子宮内膜はふわふわした布団のような
ものであり、そこに受精卵が潜り込んで根を下ろすようになります。

もし、子宮内膜に十分な厚みがなかったり、ふわふわ状態でない場合、
受精卵と子宮内膜が結合することなく、剥離して妊娠が不成立となります。

このように子宮内膜は妊娠にとってとても大切な役割を
果たしています。