PCOS – 不妊施術のすずらん鍼灸院Q&A

PCOSを克服する方法って何かありますか?

病院で検査したところ、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)と言われました。PCOSと聞くともう妊娠できないのではと何だか心配になります。病院の治療は続けるつもりですが、自分でPCOSを克服する方法って何かありますか?

PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)とは

 PCOSとは、「(polycystic ovary syn-drome)」の略称で、小さな卵胞が卵巣の中に数多く見られる状態を言います。

PCOSは卵胞が数多く見られるだけではPCOSと判断されず、排卵障害が起きていて、男性ホルモン値が高いことが加わってPCOSと判断しています。

【PCOSの特徴】
■排卵が起きにくい、あるいは無月経
■血液中の男性ホルモンが増加するため、多毛・にきびが生じやすい
■卵巣内に多くの卵胞がみられる

このようにPCOSは排卵障害を起こすため、不妊症に
なる確率がとても高くなります。

そのため、PCOSは不妊の原因の代表的な疾患と言われ、
不妊の原因の約2割を占め、近年、さらに増加傾向にあります。

PCOSの原因は、内分泌液と糖代謝の異常が有力視されている!?

疾患と聞くと不安に感じる方もいるかと思いますが、多くの場合は
軽度の状態です。そのため、PCOSの前兆のような症状が起きた
場合には、早めに医療機関の診察を受けることが望ましいです。

PCOSの原因は多くの仮説があるようですが、
はっきり解明された報告はないようです。

内分泌液と糖代謝の異常が最も有力視されています。

PCOSの原因が特定できていないため、根本的に解決できる
治療法は確立されていませんが、病院における処方では、
排卵に異常があるため、排卵誘発法やhMG-hCG療法を行って
強制的に排卵を起こして妊娠を促す方法が行われています。

PCOSの対策に体質改善は有効!?

PCOSは疾患というよりも体質の問題という声もあります。

確かに肥満や糖代謝と関係が深いため、太りすぎを抑えるために
糖分の多い食べ物を控えるなどの生活習慣を見直すことは有効です。

さらに妊娠するためには、いかに質のよい卵を排卵できるかがポイント
になりますが、内分泌異常が起きているため、質のよい卵を形成する
うえでマイナス要因になっています。

内分泌異常が起きている以上、体質改善はやはり欠かすことは
できません。

鍼灸により体質改善を図って生殖機能を正常な状態に
戻すことで排卵しやすい体を取り戻すことも選択肢の一つです。

排卵誘発法やHMG-HCG療法を行っている方は、鍼灸との併用で
効果があがりやすくなります。

西洋医学と鍼灸の併用はもちろんのこと、排卵誘発剤や人工授精、
体外受精で妊娠できなかった人が、鍼灸で自然妊娠できた
という人もおります。

当院では不妊カウンセラーの目から見るPCOSの考え方と改善の
ヒントについてもアドバイスを行い、生活面の改善も行っています。

PCOSでお困りの方は、ぜひ鍼灸治療をお試してはいかがですか。


左右卵巣のPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の超音波診断像
(画像:医学書院 不妊治療ガイダンス改定第2版 編者:荒木重雄)