OHSS(卵巣過剰刺激症候群)の副作用 – 不妊施術のすずらん鍼灸院Q&A

OHSSとはどのような症状ですか?

排卵誘発剤は不妊治療として有効であるが、その中にOHSSと呼ばれる副作用のリスクがあると聞きました。そもそもOHSSとはどのような症状ですか?OHSSにかかりやすい体質のようなものはあるのでしょうか?

排卵誘発剤は不妊治療として有効だが、副作用のリスクがある

 排卵誘発剤は不妊治療の有効な手段として知られています。特に無排卵症の症状に有効で、妊娠の確率を高める治療法として用いられます。

排卵誘発剤は、薬による力で強制的に排卵を促すため、タイミング法と比べても妊娠の可能性が高まりますが、その反面、副作用のリスクも高まります。

排卵誘発剤による副作用として、最も知られているのが
OHSS(卵巣過剰刺激症候群)です。

OHSSは、お腹や卵巣が膨れ上がり、お腹や胸などに
水がたまって腫れてくる症状を言います。

OHSSの症状について

OHSSが生じているかどうかについては、ご自分で
確認できる場合と、病院でのみ確認できる場合があります。

ご自分でわかる症状としては、「お腹や胸が膨らんでいる」
「痛みを感じる」「体調不良が起きている」などで
確認することがあります。

病院では、外部に現れる異常な症状はもちろんですが、
レントゲンや精密検査による検査のほか、ヘマトクリット値
や白血球数からも確認することができます。

【自分で分かる症状】
■お腹が腫れる
■腹痛および腰痛
■肥満
■吐き気、めまい
■お腹が張る
■頻尿
■下痢

【病院で分かる症状】
■卵巣の腫れ・膨らみ
■腹水(胸水)
■ヘマトクリット値の異常値
■低血圧
■白血球数の異常値

OHSSにかかりやすい体質

OHSSにかかりやすい体質は次の通りです。

■やせ形
■卵巣の働きが活発な比較的若い世代
■卵巣に多数の卵胞が存在している
■エストラジオールの値が高い

OHSSの症状が重くなると、血液循環にも悪影響を与え、
その他の疾患を誘発する恐れがあります。

そのため、特にOHSSの発症率が高いHCGのような
誘発剤を使わない医療機関もあります。

妊娠を強く望む患者さんにとっては、
リスクを恐れては妊娠できないという現実もあります。

排卵誘発剤の使用は、お医者さんはもちろんですが、
患者さんにとってもしっかり理解し、慎重に行う必要があります。

不妊治療にはリスクが伴います。どのようなリスクがあるかについては
その都度先生からお話があり、患者さんの同意を頂いてから行われます。


OHSSについて
(画像:荒木重雄 医学書院 不妊施術ガイダンス改定第2版)