鍼灸院に通院する頻度について – 不妊治療のすずらん鍼灸院Q&A

鍼治療ってどのくらいの頻度で通えばいいの?

Q 不妊治療で病院に通っていますが、体質を改善するのに鍼がよいと聞き、鍼灸を始めました。でも、あまりお金をかけられません。どのくらいの頻度で通えばよいのかわからないので教えてください。 

 妊娠しやすいカラダを作るのに通う間隔は「週に1回」位が良いですね。

「月経期」「排卵期」「着床期」「黄体期」に分かれます。

月経期 生理が始まり3,4日目から卵胞が育ち始めますのでこのタイミングが良いでしょう。どうしても時間が取れない方は初日、2日目でも大丈夫です。

排卵期 排卵日がベストなのですが、少し早かったり、遅れてる場合もあります。
ですので排卵日から2日位前から排卵日と見て施術されると良いと思います。

着床期 排卵から5日かけて分割し胚盤胞になります。その翌日辺りが着床日になるので排卵日から6日目を考えて頂くと良いかと思います。

黄体期 着床後高温が持続するように施術をして気血の循環を良くしていきます。
このように4つの期に分けて考えて頂くと良いかと思います。

その1 着床を成功したいケース

例えば、「体外受精を行っていて、採卵・受精まではうまくいっても着床がなかなかうまくいかない」という患者さんがいるとします。着床が始まるのは通常、排卵後6日以降になります。着床を成功させるためには、着床後も重要ですが、着床前の卵胞の質の状態が重要になります。着床の成功確率を高めるためには、着床後の鍼灸も重要ですが着床前に行う必要があり、『着床日に鍼灸を行うことが望ましい』でしょう。

その2 妊娠しやすいカラダ作り

当院では、基礎体温表がどう変化していくかを見ます。治療前には問診を行って、基礎体温の状態、体質、過去の治療歴などを聞きながら、その方に不足してるのは何か考えます。患者さんの治療目的もしっかりヒアリング致します。

例えば、ステップアップして来週期から体外受精にチャレンジするので体質を変えていきたい。体外受精はやらず自然妊娠希望なので少しでも良い母体を作っていきたい。など目的は妊娠ですが手段が違います。個人ごと理由があり選択しているので希望を叶えられるよう最善を尽くしていきます。妊娠は結果です。妊娠するまでにどういうプロセスを持って頑張るかが大事ですよ。

それには妊娠しやすいカラダを作るために行うことを決めましょう。鍼灸を継続して行うこと。食事の見直し。適度な運動。睡眠時間の確認。家庭で出来るプログラムの作成。これらをまとめてアドバイスしていきますのでご心配なく。

その3 体外受精を控えている方の場合

凍結胚3日目で移植する場合は移植前に行い、それから3日後の着床に合わせて行うことをお勧めしています。胚盤胞移植の場合は移植前に行います。採卵の場合は採卵日前に行います。