不妊施術

東洋医学における不妊施術について

西洋医学における不妊施術は、近年、研究が盛んに なりましたが、
東洋医学では、古来より、不妊施術の研究が続けられており、
西洋医学よりもはるかに長い 歴史をもっています。

東洋医学では、不妊症を「絶子」や「不孕(ふよう)」 「不子」「無子」「絶不産」など、
いくつかの呼び名で 呼ばれることがあります。

中医学書によれば、不妊の原因は、「お血が子宮内にあって出ないことによる」、
あるいは「腎気が不足して摂精できない状態」と記されています。

そして、不妊の原因をもう少し細かく分類すれば、「血虚」「気虚」「気滞」「寒滞」
の4つのタイプに分けることができます。

鍼灸施術は、これらの身体の状態を治すというよりも
妊娠に適した本来の身体を取り戻し、妊娠力を高める
ことに施術の趣旨があります。


「血虚」「気虚」「気滞」「寒滞」とは

ところで、先ほど紹介した、「血虚」「気虚」 「気滞」「寒滞」とは、
どのような状態なのでしょうか。

不妊でお悩みの女性は、これらのどれか一つに当てはまる方もいれば、
複数の原因に当てはまる方もいます。

これらのうち一つでも異常を生じている場合は、身体全体のバランスが
崩している状態と言えます。

そこで、これらの4つのタイプの状態を、以下に簡単にまとめてみました。

「血虚(けっきょ)」

血虚とは、血が不足している状態で、貧血と呼ばれる症状が含まれますが、
貧血の他、「血液中の酸素や栄養素を運ぶ力の低下」「身体の老廃物を
排出する力の低下」も含まれています。

血虚になると、血液中に不順物質が溜まり(お血)、老廃物が体外に排出
されにくくなると同時に血液中に十分な酸素や栄養素がまわらなくなります。

子宮や卵巣の機能低下を生じやすくなります。

「気虚(ききょ)」

「だるくてやる気がおきない」「疲れやすい」など、
西洋医学における不定愁訴のような症状です。

西洋医学では、この症状を病気と判定していません。
そのため、このような症状に対しての施術がとても
困難なのですが、東洋医学では、この症状を
明らかに身体の異常と位置づけています。

気虚になると、身体の免疫力が低下している状態で、病気になりやすい
身体の状態と言えます。

子宮や卵巣に異常を生じる原因といって良いでしょう。
「気力」「気持ち」などに「気」という単語がありますが、
これに近いものと言えます。

「気滞(きたい)」

気虚(ききょ)は、気の不足であることに対し、気滞は、気が
滞っている状態を示します。

原因はストレスがほとんどで、ホルモン分泌に異常を生じ、
基礎体温を乱す原因とされています。
又、神経質、取越苦労性の方に多い傾向にあります。

西洋医学でいえば、自律神経失調症に近く、「肝」の機能と
深い関係にあります。

生理前や排卵前に異常が現れやすく、基礎体温が
乱れる原因です。

「寒滞(かんたい)」

文字通り、冷たいものが身体に滞っているという意味があり、
身体が冷えている状態を言います。

その名のとおり、寒滞とは冷え性の状態です。
身体が冷えていると、気も血の巡りも悪くなり、
寒滯の原因にもなります。

西洋医学では、冷え性は病気に分類されないですが、
不妊症の原因とも言われます。

東洋医学では、冷え性は明らかに身体の異常と定義し、
あらゆる「万病の元」とされています。



症状別Q&A