不妊施術

東洋医学・西洋医学における身体を構成する要素

東洋医学においては、「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」という概念があります。

五臓とは、肝、心、脾、肺、腎を示し、六腑とは、胆、小腸、胃、
大腸、膀胱、三焦を示します。

『臓』とは、西洋医学で言われる肺や臓器とはまったく異なります。

西洋医学では、肺や臓器は、身体を構成する一つの器官とされていますが、
東洋医学でいう『臓』とは、人間の生命エネルギーを維持する機能、
つまり、「気、血、水をつくり、備蓄する役割」を担っています。

腑は、体内に入った食べ物を栄養分と不要物質に分ける 「消化と吸収の
役割」を担っています。

西洋医学では、身体の構成要素を『器官』で表わしているのに対し、
東洋医学は、身体の構成要素を『役割・機能』で表わしているのが
大きな特徴です。


東洋医学と西洋医学における不妊施術の概念

西洋医学では、病気の原因を身体の特定の器官に絞ります。

これに対し、東洋医学は、身体全体のバランスの乱れ、つまり、
「五臓六腑」のバランスが崩れた状態を病気と定義
しています。

不妊は東洋医学ではどのように定義されて いるのでしょうか。

現在、これだけ、西洋医学が発達しているにも関わらず、
不妊症の患者様が大変増えています。

不妊症に悩む世代は高齢の世代だけでなく、20代にも増えているのです。

西洋医学では、不妊症の主な原因は、ホルモンの乱れであり、
ホルモンが乱れる原因は、「子宮」や「生殖器」の冷え、ストレスに
よる自律神経の乱れなどが言われています。

東洋医学では、先ほど解説した、五臓六腑の乱れが原因とされておりますが、
特に不妊に関係する機能が、「肝」「腎」「脾」になります。

不妊症は、このうちのいずれかの機能に異常が生じているとされています。

「肝腎要(かんじんかなめ)」という単語を耳にしますが、この「肝」と「腎」が、
西洋医学で言われる生殖作用と深い関係があります。

そして、「脾」は「気」や「血」をつくり、全身に気や血を運ぶ大切な役割を
担っています。

女性の生理や妊娠は、五臓の中でこの「脾」「肝」「腎」の3つの機能が
深く関わっているのです。

東洋医学における不妊施術は、この「肝」「腎」「脾」の機能を正常な
状態にする
施術を中心に行ってまいります。



症状別Q&A