不妊施術

一般不妊施術の3つの種類について

不妊施術は、通常、一般不妊施術から始まり、一般不妊施術
で妊娠に至らなかった場合、高度生殖医療を行うことを
勧められます。

ここでは、一般不妊施術の種類について述べてまいりたいと
思います。

一般不妊施術は、大きく分けると、「タイミング法」と「人工授精」
になります。

タイミング法は「薬を使ったタイミング法」と「薬を使わない
タイミング法」
に分けられ、人工授精も「薬を使った方法」と「薬を
使わない方法」に分けることが出来ます。

■自然周期によるタイミング法(初診)
施術期間:3か月前後

一般的に不妊施術が目的で、最初に産婦人科に訪れた時に
行われるのが自然周期によるタイミング法です。
不妊検査とカウンセリング、そして不妊を克服するための
正しい基礎知識なども同時に教えてくださいます。

その後、基礎体温を確認しながら、タイミング法を
行うことになります。

産婦人科で行うタイミング法の回数は3周期が目安です。

自然周期によるタイミング法は、基礎体温表が使われますので、
不妊施術を行う前に、なるべく、基礎体温表を3周期分ほど
準備しておくと施術がスムーズ
に進みます。

この段階での不妊施術は、薬を使わないため、「自然周期での
タイミング法」と呼ばれます。

■排卵誘発剤を使用したタイミング法
期間:半年~1年

薬を使わないタイミング法で妊娠が実現しなかった場合には、
ホルモン剤などの薬や注射を使ってのタイミング法を行います。

排卵誘発剤は、人工的に排卵を促し、卵の数を増やし、妊娠の確率を
高めようとするものです。卵の数は増えるので、それだけ、妊娠の
確率が上がることになります。

初めは、飲み薬による投与により排卵を促しますが、5、6周期行っても
妊娠できない場合は、注射による排卵の誘発を行います。

排卵誘発剤を使ったタイミング法では、卵の数が増えるので、妊娠の
確率が上がりますが、双胎妊娠の可能性が上がります。

薬による副作用のリスクもあり、薬より注射の方がさらに
リスクは上がるため、抵抗を感じる患者さんも少なくないのが現状です。

■人工授精(AIH)
期間5~10回

人工授精は、質の高い精子を採取し、排卵日に合わせて子宮に精子を
送り、妊娠を促す施術法
をい言います。

一般的な性交渉では、精子の運動率が低いと精子が子宮まで到達せずに
消滅してしまうことが多いです。

人工授精では、精子を直接、膣の奥、つまり、子宮まで入れる
ことにより、受精の可能性を高めていきます。

人工授精は、排卵誘発剤を使うことが一般的ですが、
排卵誘発剤を使わず、自然妊娠の状態で、人工授精を
行うケースもあります。



症状別Q&A