症状別Q&A

生理不順でのお悩みQ&A

Q. 月経痛(生理痛)がひどく、日常生活も大変です・・・。

症状

月経困難症とは、簡単に言えば、生理痛がひどくなった症状を言いますが、
一般的には生理痛とは別の疾患とされています。

生理痛と月経困難症の大きな違いは、生理痛は、身体の不快な症状を伴いますが、
日常生活に支障をきたすことはありません。
これに対し、月経困難症は、

「家事ができない」
「会社、あるいは学校に行けない」
「身体を起こすことができない」

など、明らかに日常生活に支障をきたすほど、ひどい痛みの症状を訴えます。

また、月経困難症は、痛みだけでなく、吐き気、腰痛、頭痛、
倦怠感、下痢などの症状を伴うことが多いのが特徴です。

月経困難症の原因

月経困難症の原因を特定するのは難しく、専門医でも
原因を特定することが難しいケースが多々あります。

月経困難症のタイプは、主に次の2つに分けられます。

  • 原発性(機能性)月経困難症
    身体の臓器などに疾患が見られることのない月経困難症
  • 器質性(続発性)月経困難症
    臓器に疾患があるなど、原因を特定できる月経困難症

このように、月経困難症には2つのタイプが存在しますが、
4人のうち3人が原発性月経困難症であると言われています。

原発性(機能性)月経困難症の原因

原発性月経困難症の原因は、明確に特定されていないものの、
月経時に分泌されるプロスタグランジンの過剰分泌と
深い関係があると言われています。

器質性(続発性)月経困難症の原因

代表的な疾患に、子宮内膜症、子宮筋腫、骨盤内感染症、
卵管炎などの子宮の病気が当てはまります。

月経困難症の予防・改善

月経困難症の施術方法は、原発性であるか、器質性であるかによって違いがあります。

器質性の月経困難症は、子宮の疾患により生じているので、
原因を作っている疾患そのものを施術する必要があります。

これに対し原発性の月経困難症は、プロスタグランジンの過剰分泌が原因とされています。

このプロスタグランジンの過剰分泌を抑えるために、非ステロイド性の
鎮痛剤や、プロスタグランジンの合成を抑制する
「プロスタグランジン合成阻害薬」が良く使われます。

その他にも鍼灸施術を活用されるケースがあります。

特にストレスや不規則な生活習慣による月経困難症の場合には、
鍼灸施術は大きな効果を発揮することで知られています。

月経困難症は、ストレスが原因で起こっているケースが多いです。

ストレスマネジメントを日常からしっかり取り入れることで、
月経困難症の多くを事前に予防することができるのです。

その他のQ&A