症状別Q&A

生理不順でのお悩みQ&A

Q. 生理(月経)がとても短く、2日程で終わってしまいます。

症状

あなたの症状は、過短月経と呼ばれる症状です。

過短月経とは、生理(月経)の期間が極端に短く、月経の持続期間が
2日以下しか続かない症状のことを言います。

月経期間は、個人差がありますが、正常の月経の持続日数は、3~7日です。

月経期間が短いため、経血量(出血量)が少ないことが多く、
過小月経を同時に引き起こすことがあります。

過短月経の原因

過短月経の主な原因は、子宮の発育不全、子宮内膜症、甲状腺機能の異常、
卵巣機能の低下などが挙げられます。

又、無排卵、黄体機能不全の可能性も考えられます。

但し、上記のような病気が現れていなくても、思春期や
更年期、出産期にも過短月経の症状が現れることがあり、その原因も人によって様々です。

身体に異常が発見されないにも関わらず、過短月経の症状が現れて
いる場合には、精神的なストレスや無理なダイエットなどにより、
ホルモンバランスが崩れて、過短月経を引き起こしているケースが考えられます。

一般的に過短月経の場合は、先程説明した子宮の発育不全や
子宮内膜症、卵巣機能の低下が原因であるケースが比較的多いです。

女性ホルモンの分泌が少ないと、まず卵胞が十分に成熟しません。
子宮の内膜が薄くなるため、増殖する前に剥がれてしまいます。
その影響により、出血量が少なくなるのです。

また、過短月経を長い間放置しておくと、不妊症の原因にもなりますので、
早めに専門医の診察を受けることをお勧めしています。

過短月経の予防・改善

過短月経の施術は年代によって違いがあります。

年齢が10代で、生殖器官に異常が見られない場合には、
そのまま放置して、ホルモンが整う時期までしばらく様子を見るのが一般的です。

成人女性の場合は、血液検査の後、基礎体温表をつけて、
排卵の様子や生理周期の状態を詳しく調べます。

卵巣の異常、あるいは無排卵の場合は、ホルモン療法を行い、
子宮などの生殖器官に問題がある場合には、症状に応じた施術を行うのが一般的です。

出血量が少なくても、毎月、月経が規則正しく来ている場合には、
専門的な施術を行わず、しばらく様子を見ることがあります。

診察の時、基礎体温表を事前につけていれば、医師の診察も容易になり、
具体的な施術を早期に行うことが出来ます。

できるだけ、普段の日から、基礎体温表を付ける習慣を身につけておきましょう。

その他のQ&A