症状別Q&A

不妊症の悩み解決Q&A

Q. 不妊施術はいくらかかりますか。また、保険はつかえるのですか?

結論から言えば、不妊施術には保険が使えるものと保険適用外のものがあります。
そして、高度な不妊施術になるほど保険適用外となるため、不妊施術にはお金がとても掛かります。

保険適用外の不妊施術として、人工授精や体外受精、顕微授精があります。
これに対し、保険が使える不妊施術方法に、タイミング法やホルモン療法があります。

これらの施術にかかる費用を次表にまとめてみました。

施術方法 費用 説明
保険適用内 タイミング法 一般の医療費と
同程度の費用
保険が適用されるため、費用も一般の医療費と同程度
ホルモン療法 数千円~2万円 保険適用内だが、院外での検査が入ると1万円を超えることもあり。
保険適用外 人工授精 1~3万円 高度生殖医療と呼ばれ、保険適用外。
体外受精 30万円(平均値) 高度生殖医療と呼ばれ、保険適用外。病院によって100万を超えるケースもあるが、10万円代で済む大病院もある。
顕微授精 30~50万円 体外受精よりも高い施術方法。

高度生殖医療と呼ばれる不妊施術は、回数を重ねるほど費用は低くなりますが、
それでも高額な施術方法であることに変わりありません。

また、体外受精や顕微授精を行っても、必ず子宝に恵まれるというわけでもありません。

高度生殖医療の妊娠成功率は、年々上がっているのは、
間違いないことですが、それでも未だ、妊娠成功率は50%に満たないです。

何回も施術を受けることになると、費用は100万円を越えてしまい、
かなりの高額な施術になってしまいます。
ただ、各地方自治体には、不妊施術に対して助成金が出るところが増えました。

所得制限などの規制があり、全員が利用できるとは限らないですが、
これらの助成金を活用する方法もあります。

詳しくは、各市町村にお尋ね頂けると、詳しく教えてもらえます。

その他のQ&A