電子書籍

子宝に恵まれる知恵とコツ ~生理不順編(抜粋)

価格:0円

ダウンロードは、DL-MARKETのシステムを利用しております。

詳しいダウンロード方法につきましては、
DL-MARKETのダウンロード会員ガイドをご確認頂けましたら幸いです。

こんにちは。すずらん鍼灸院の大島です。

「生理不順」とは、どのような症状か詳しく
ご存じですか?

生理は、別称で「月経」とも呼ばれています。

通常、健康な状態の女性であれば、妊娠期間を除いて、
思春期から閉経を迎えるまで、月に約1回の生理を
迎えます。

生理の時期には、子宮から出血を生じます。
この定期的な出血を生理(月経)と呼んでいます。

生理期間は、人や年代によってまちまちですが
通常3~7日と言われ、出血の量も個人差があります。

又、生理の期間中、ずっと同じような出血をする
ことはなく、2日目を過ぎると徐々に、出血の量が
少なくなっていきます。

先ほど説明した1ヶ月の生理サイクルを
生理周期(月経周期)
と呼んでおります。

この生理周期にも個人差があり、通常24~40日前後の
周期を描くようになります。

ここで、時折、「生理周期が長すぎる」「生理周期が
短すぎる」「出血の量がひどい」「痛みがひどい」などの
通常とは明らかに異なる症状が現れることがあります。

このような生理の異常を総称して「生理不順」
呼んでいるのです。

生理不順は、生殖器官が十分に発達していない10代の若い世代、
更年期を迎える40代後半~50代前半に生じやすい傾向が
見られますが、20代、30代にも生じないわけではありません。

生理不順は、女性の生殖器官に何らかの異常を生じ、病気を
発症している可能性があるので注意する必要があります。

そして、生理の異常の種類も様々で、多くの女性を
悩ませております。

そこで、本レポート『自律神経失調症を改善する
知恵とコツ(生理不順編)』(抜粋)においては、

「生理不順の原因」
「生理不順の症状」
「生理不順のメカニズム」
「生理不順の一般的な施術法」
「薬を使わない生理不順の予防とコツ」

などについて、具体的に解説していきたいと
思います。