生理痛・PCOS・射精障害

生理痛・PCOS・射精障害

患者
30代前半
来院
2016年5月
症状・来院理由

肩こりで来院し3回ほどで感じなくなった。
その後妊娠を希望され施術開始高校生の頃から生理痛で悩まされ毎回薬を飲まないと動けないとのこと。
結婚以来旦那さんが射精障害であることが発覚し妊娠出来ないことに悩んでた。

同時に施術した症状
肩こり、頭痛、腰痛
使用したツボ
外関 照海 三陰交 中かん
施術内容・経過
妊娠前の体作りを5か月間行いタイミング、人工授精を行った。
鍼灸にプラスし、冷え改善のためよもぎ蒸しを月3回ほど行い、家では足湯を行うよう勧めた。
生理痛はなくなり、毎月風邪をひいてたが全くひかなくなった。疲労感がひどかったが帰宅しても横にならずに動けるようになった。
手足、腹部の冷えがなくなり温かくなった。 生活面指導:食生活が乱れていたため3食食べるよう伝えた。

6か月目から体外受精にステップアップ。
体外受精病院で検査したところPCOSであることがわかったが、軽度なので自然妊娠も可能と医師に言われたのでタイミングを2か月取った。
次の生理が来たら通院開始しようとしたが生理が来ないので検査薬をしたら陽性反応が出た。
つわりが酷かったため妊娠後も続けて施術した。




  • 【予約制】通話料無料!!女性専用フリーダイヤル
  • LINEで予約