体外受精に至るまでに

banner

体外受精や顕微授精などの高度生殖医療は、一般不妊施術を行っても妊娠に至らなかった時、次のステップで行う不妊施術です。

 

体外受精に至る不妊施術の流れ

【体外受精に至る一般的なステップ(流れ)】
 
ステップ1【タイミング法】

ステップ2【タイミング法+排卵誘発剤】

ステップ3【人工授精】

ステップ4【体外受精】※ここからは高度生殖医療になります

ステップ5【顕微授精】
 
タイミング法:排卵日に合わせて性交渉を行う方法を言います。
 
3回(3周期)ほど行い3周期で妊娠しなかった場合には、排卵誘発剤を使用することになります。
 
【タイミング法+排卵誘発剤】を行っても結果が出ない場合には、人工授精に移行します。

 

banner

人工授精:目安は6周期ですが、医療機関、その方の体質や希望などによって、3周期などの短い周期で終わらせることもあれば、10周期まで行うこともあります。人工授精で妊娠に至らなかった場合には、体外受精、顕微授精へと進みます。
 
タイミング法や人工授精は、保険が適応できるので、数千円~2万円程度で施術が出来ます。
 
体外受精、顕微授精は、高度生殖医療と呼ばれ、保険適応外となり、施術費は30万円~となりますが、国、市町村からの助成金が受けられます。