保険が使える不妊治療は、タイミング法です。
これらの治療は、1回あたり、数千円程度です。

banner

 
保険適応外となるのが、人工授精、体外受精や顕微授精がこれに該当します。
人工授精は1回2万円前後です。
 
体外受精にかかる費用は、20万~100万円と医療機関によりばらつきがあります。
国の助成金が適応になります。
 

見積と実際の請求金額が異なる理由

医療機関から最初にお見積りを頂いた金額と、治療後に頂いた
請求金額に大きな開きがある場合があります。
 
1回の体外受精の見積りのみで、薬や麻酔、採卵を複数回行った時の追加の費用などが入っていないためです。
 

体外受精の治療費の開きが大きい理由

banner

体外受精にかかる費用は、基本的に自由診療になります。
 
保険診療:国が制定した料金なのでどの医療機関もそれほど変わりません
自由診療:制定額がないため医療機関ごとに自由に設定できます。
 
例)A医院:採卵+移植+薬代+検査=30万円  B医院:採卵+移植+薬代+検査=60万円
 
受診前に確認する項目
●採卵1回当たりの費用
●移植費用
●凍結管理代
●検査代
●薬代
 
上記の確認だけでも1回にかかる費用がわかるため予算を組みやすくなります。
国や市町村からの助成金を活用しながら行って下さい