体外受精の成功確率を高めるために

banner

体外受精の妊娠成功率は、医療機関、年齢によってばらつきはあり20%前後と言われています。
 
体外受精を行っても妊娠できない主な理由として、以下の要因があります。
 
■質の高い卵子が採取出来ない(採卵出来ない)
■受精が出来ない
■着床出来ない
 
体外受精の施術工程は、採卵、受精、着床などがありますが、これらの施術の成功確率は次のとおりです。
 
■採卵 90~95%
■受精 78~82%
■着床 20~23%
 
成功確率が低いのが、「着床」になります。着床は、胎内で行われます。
「卵子の質が悪い」「着床できない」大きな理由の一つに体内の生殖器官の機能が弱っていることにあります。
 
医療技術のみに頼るだけでなく、生殖器官の機能を向上させる工夫が必要になります。
 
 

鍼灸で体外受精の成功確率が格段に上がった実例

 
「鍼灸が体外受精の成功確率を高める」ことが知られる
きっかけとなったのが、2002年のドイツにおける調査でした。

banner

この調査では、鍼灸を行った女性と、行わない女性に分けて、体外受精の成功確率を調べるというものでした。
 
その結果、次のような驚くべき結果が現れました。
 
【妊娠成功確率】
 
鍼灸施術あり 42.5%
鍼灸施術なし 26・3%
 
2009年、英国医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」
に掲載された文献によれば、体外受精での胚移植から一日以内に鍼灸施術を行った女性と、鍼灸施術を行わない女性を比べたところ、鍼灸を受けた女性は、受けない女性と比べて妊娠確立が65%高まったということを紹介していました。
 
日本では、体外受精を5回以上受けても妊娠に至らなかった女性患者114人に鍼灸施術を施したところ、なんと49人が妊娠できたという報告が、日本生殖医学会より発表されました。
 
この結果からもわかるとおり、鍼灸施術を受けてから体外受精を行うことにより、妊娠の確率が格段に高まっていることがわかります。
 
体外受精は、回数を重ねるたびに費用がかかりますが、薬や注射を頻繁に行うため、身体的にも精神的にも負担がかかってきます。
 
体外受精に鍼灸を取り入れることで、妊娠の確率が上がるだけでなく、体外受精を行う回数が減り、経済的にも精神的にも負担が減り、薬による副作用の発生を軽減する効果も期待できます