こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

子どもが欲しいと思っているのに中々妊娠しない。」そんなときに行われるのが不妊治療です。

 

不妊治療と言われると、排卵時期に合わせて性行を行うタイミング療法から始まり、体内から取り出した卵子と精子を人工的に受精させる体外受精などがあります。

 

体外受精は経済的にも、身体的にも大きな負担がかかります

 

そこで、体外受精に踏み切る前のもう一つの選択肢である不妊鍼灸について説明します。

 

『負担の軽い不妊鍼灸』

東京、不妊鍼灸

 

不妊治療の最終段階と言える体外受精は、保険適用外の治療であるため経済的に負担がかかるだけではなく、治療を受ける女性の身体にもそれなりの負担がかかります

 

タイミング療法で妊娠が難しければ負担の大きい体外受精に踏み切るしか道はないのでしょうか?

 

そんな不妊でお悩みの方に不妊鍼灸を提案させていただきます。

 

不妊鍼灸とは鍼灸治療を通じて、妊娠しやすい体質に変えていく治療のことを言います。

 

血行不良やホルモンバランスの乱れによる月経不順は卵子の質を悪くさせ、妊娠しづらい体にします。

 

鍼灸によって血流やホルモンバランスを整えることで、不妊の一因である卵子の質の低下を防ぐことが期待できます

 

健康な卵子が排卵されるようになれば、タイミング療法での妊娠も可能かもしれません。また、鍼灸なので、体外受精よりも負担が小さく済みます

 

『まとめ』

 

不妊治療は保険適用外のため、不妊鍼灸でも全額負担が求められます。しかし、体外受精よりは負担が小さいと言えます。

 

また、不妊鍼灸で妊娠ができずに体外受精へと踏み切る場合でも、不妊鍼灸によって体質改善がされ、治療を受ける前よりは着床しやすい身体になっていることが期待できます。

 

体外受精を行うかどうか悩んでいるなら、一度すずらん鍼灸院で不妊鍼灸について相談してみてください。