こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

男女のカップルが妊娠を希望し、定期的に正常な性生活があるにもかかわらず、1年以上経過しても妊娠しない場合を不妊症といいます

 

妊娠するために治療が必要な場合とは、男女のどちらか、あるいは両方の生殖機能に異常がある場合ですが、身体的・精神的理由の場合もあります

 

そこで、不妊症の治療法のひとつである不妊鍼灸について説明します。

 

『女性側の主な原因』

東京、不妊鍼灸

 

不妊症の原因は男女ともたくさんありますので、なかなか妊娠しない場合は、まず計画的に基本検査(問診・内診・経膣超音波検査・血液検査など)を行い、大まかに原因がないかを調べることが肝要です。

 

基本検査で問題が発見されたら、詳細な検査(子宮卵管造形検査・子宮鏡検査など)を行い原因の重要度を調べることになります。

 

女性側の原因は、卵管が閉塞している卵管因子、排卵に伴う女性ホルモンが正常に分泌されない排卵因子、子宮に形態異常がある子宮因子である場合がほとんどです。

 

基本検査と詳細検査で原因が分かれば、それに応じた治療を開始します。不妊鍼灸では、カップルの年齢や社会的な要因も加味して、適切な治療を段階的に進めるのが一般的です。

 

『まとめ』

 

不妊症が心配になったら、早めに検査や治療を受けることが不妊鍼灸の極意です。

 

カップルで正しい知識を持ち、若い年齢から動き出すことが、結局妊娠には早道であるといえます

 

若いほど妊娠しやすく簡単な施術で可能な場合が多く、結果的に経済的です。すずらん鍼灸院での不妊鍼灸を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。ご相談お待ちしています。