こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

一般的に結婚して避妊をしないで夫婦生活を送ると半年で70%の方が妊娠します。

 

2年で100%の確率で子供ができると言われています。不妊症の大まかな目安は1年と言われ1年たっても妊娠しないと不妊症ということになります。

 

どうしても子供が欲しいのになかなか妊娠せず、不妊症の治療に高額な治療費をかけて治療をしようかと悩んでいる方もいるでしょう。でもここでは不妊症の治療に不妊鍼灸での治療をご説明していきます。

 

『不妊症の治療に不妊鍼灸が注目されています』

東京、不妊鍼灸

 

不妊症になる主な原因は数多くありますが、女性の排卵障害があったり、男性の精子を造る機能に障害があったりして不妊症になることがあります

 

どうして不妊症になるのかというのは、はっきりとした原因がわからないこともあり、検査の結果では異常がみつからない場合もあります

 

でも普段の生活や食生活が乱れていたり、ストレスを抱えたりすると、妊娠しづらいことが多いようです。そこで注目すべきは不妊鍼灸です

 

鍼灸は肩こりなどの治療に施術されるというイメージが強いですが、不妊治療にも行なわれています。鍼灸をすると血行が良くなり、自律神経も整い、ホルモンのバランスがよくなります

 

さらにお腹や骨盤あたりの冷えが改善され、体の不調にもよいです。冷えは女性の体には大敵です。妊娠しやすい体づくりのために冷えをなくす鍼灸を行うのもいいでしょう

 

『まとめ』

 

不妊症に悩む女性の中で、そのはっきりした原因がわからないことがあります。そんな中妊娠しやすい体づくりに鍼灸が注目されています

 

鍼灸は肩こりや腰痛の改善だけでなく、女性に多い体の冷えの改善に効果があります。冷えは不妊症だけでなく、体の不調につながります。

 

すずらん鍼灸院では不妊症で悩んでいる方の相談やご利用を受け付けています。不妊鍼灸をしてみようと思っている方はまずすずらん鍼灸院へご相談ください。