こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

妊娠がなかなかかなわないと、不妊治療を始める人が数多くいます。

 

おおよその場合では、病院へと行き検査を受けて、タイミング法や人工授精などと進み、最終的に体外受精へと踏み切ります

 

しかし、体外受精へと進む前に、もう一度ほかの治療法にも目を向けてみることがおすすめです。とくに、不妊鍼灸などの施術は注目です。

 

『不妊鍼灸と体外受精』

東京、不妊鍼灸

 

不妊治療のひとつである体外受精とは、卵子と精子をそれぞれ取り出して、体外で人の手によって受精をさせます。ある程度成長した受精卵を、母体へと戻して妊娠へつなげようという治療法です。

 

この治療法は、不妊治療でも最終段階に近い方法であり、体にかかる負担も、費用面での負担もそれなりに大きいことが悩むところです。

 

また、体外受精をしたとしても必ずしも妊娠できるわけではありません

 

不妊鍼灸とは、自律神経を鍼灸や整体治療を行うことによって整えて、妊娠に適した体をつくりあげるという方法です。

 

妊娠というものは、些細な体調不良でかなわないこともあり、不妊鍼灸ではこれを改善することを目的としています。

 

そのため、最終的な体外受精へと踏み切る前に、体調を整えて、妊娠に適した体つくりをすることが勧められます

 

もちろん、体外受精と同時並行して不妊鍼灸を受けることも効果的です。

 

『まとめ』

 

体にも経済的にも負担の大きな体外受精へと踏み切る前に、一度不妊鍼灸を受けることをおすすめしています。

 

不妊鍼灸では、鍼灸や整体によって身体に負担をかけることなく、妊娠に適した体つくりを目指していきます

 

もし不妊治療を長く行っているのに、なかなか妊娠できない、などと言う悩みを抱えているならば、ぜひすずらん鍼灸院の不妊鍼灸を受けてみてください。