こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

不妊治療は体外で受精を行って子宮内に移す方法があります。

 

ただ体外受精だと受精はしやすいけど絶対に妊娠するとは限りませんし、不妊の原因がすべて受精しにくいからとは限りません

 

その場合には不妊鍼灸を一度試してみてはいかがでしょうか。今回は不妊鍼灸が不妊治療にどのような役割を果たすのか解説しようと思います。

 

『内側から妊娠しやすい体をつくる』

東京、不妊鍼灸

 

そもそもどうしてスムーズに妊娠しづらい症状が発生しているのかというと体質的な問題もありますが、普段の食生活や生活環境が不妊に大きく影響していることもあります

 

乱れた生活環境やストレスが、かなりかかる毎日を送っていると神経や内分泌系の制御が上手くできなくなっていき、妊娠しにくい体になるのです。

 

鍼による治療やカラダのツボを押すことによって自律神経の乱れや血行促進効果を高め、子宮や卵巣が活動しやすい環境を整えてくれます

 

体外受精だと身体的にも経済的にかなり負担がかかりますが、不妊鍼灸の場合だと身体的に負担がかからず施術費用も体外受精と比べてあまりお金がかかりません

 

また、不妊治療を行うと同時に体の調子を整えてくれるというメリットもあります。

 

『まとめ』

 

不妊鍼灸は体外受精を行わなくても子宮や卵巣が活動しやすい体内環境を整えて妊娠しやすい体を作ることができます

 

でも、初めて鍼治療を受ける方は少し不安に思われたり、危険なのではないかと感じるかもしれません。

 

そんな時にはすずらん鍼灸院に相談してください。治療の流れから患者さんの不安の答えを一つ一つ丁寧に説明いたします。