こんにちは!東京で唯一の施術法で不妊症を改善
不妊鍼灸を得意とした東京足立区のすずらん鍼灸院の大島です。

 

WHO、日本産科婦人科学会ともに「避妊していないのに1年以内に妊娠に至れない状態」を不妊の定義としています。

 

つまり、妊娠を望みながらも1年以上妊娠が成立できない場合は不妊症ということになります。

 

不妊の原因は様々ありますが、妊娠する力を高めるには不妊鍼灸が効果的といわれています。なぜ鍼灸が不妊治療に効果的なのでしょうか?

 

『原因がわからない不妊症』

東京、不妊鍼灸

 

不妊症の原因は数多くありますが、排卵因子と卵管因子、男性不因子の3つが大きな原因と言われています。

 

女性が排卵障害や卵管のトラブルを抱えていたり、男性の造精機能障害などがあったりすると不妊症になりやすいということです。

 

さらに、過剰なストレスや生活習慣などから自律神経が乱れることも不妊症を招くとされています。

 

自律神経の乱れは女性ホルモンの分泌に影響するため、生理不順や不妊症を引き起こすことがあります。

 

しかし、不妊症の中で一番多いのが「原因不明不妊」で、これは病院で検査をしても原因が見つからないタイプです。

 

検査をしても見つからないのは妊娠力が低下していることが考えられます。妊娠力とは、卵子を作ったり排卵したり、子宮の中で赤ちゃんを育てる力です。

 

その妊娠力を高める効果が期待されるのが不妊鍼灸です。

 

『まとめ』

 

不妊鍼灸では不妊症の原因となる自律神経を整え血流の改善を促します。

 

自律神経が整えばホルモンバランスも改善されますし、血流が良くなれば冷えの解消にも繋がります。そうすることで妊娠力を高めていくことが期待できます。

 

「不妊症かも?」と悩んでいる方は、すずらん鍼灸院へお気軽にご相談ください。お悩みに寄り添いながら妊娠力を高めるサポートをさせていただきます。